版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
大いなる歌 パブロ・ネルーダ(著) - 現代企画室
.
ロス・クラシコス 12

大いなる歌
原書: Canto General

発行:現代企画室
四六判
縦190mm 横135mm 厚さ36mm
重さ 650g
568ページ
上製
価格 4,600円+税
ISBN
978-4-7738-1810-9
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年9月
書店発売日
登録日
2018年8月30日
最終更新日
2018年10月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

詩を読む(音読する)悦び、聴く楽しさ。
詩(ことば)によって想像力が膨らむ愉しみ。
20世紀スペイン語詩の巨人、ネルーダが謳う。
アメリカ大陸の過去と現在をつなぐ、壮大なる叙事詩、待望の完訳成る!
ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(水声社)に続く、ラテンアメリカ文学の金字塔。
本年の海外文学出版における最大の注目作!

「そのとき私は失われた密林の鬱蒼たる藪から
土の梯子をお前に向けて登った
マチュピチュよ

石段に抱かれた気高き都市よ
地と陸がその眠れる衣装に
隠し切れなかった者の住み処よ

そこでは稲光と人のゆりかごが
棘のある風に吹かれて
二本の平行線のように揺れる」
(本書「マチュピチュの高み」より)

著者プロフィール

パブロ・ネルーダ  (パブロ・ネルーダ)  (

チリの詩人。本名リカルド・ネフタリ・レイエス。20歳で刊行した詩集『二十の愛の詩とひとつの絶望の歌』(1924年)がスペイン語圏で人気を博す。20代から外交官としてアジア各地を遍歴、前衛的な詩集『地上の住処』(1935年)を刊行。1936年からのスペイン内戦に関わったことで政治に傾倒、3年の駐メキシコ領事職を経て1945年からチリ上院の共産党議員として活動するが、1948年親米色を強めていた当時のゴンサレス・ビデラ政権により議員資格をはく奪されたことがきっかけで1年あまりの地下潜伏生活に入る。1949年ヨーロッパに脱出、翌1950年に大部の詩集『大いなる歌』をメキシコで刊行、逮捕令が解けてチリに帰国した1952年以降も精力的な創作活動を続けた。1969年の大統領選で共産党から立候補を要請されたが、左派票を人民連合のサルバドール・アジェンデに一本化すべく辞退、1970年からアジェンデ政権の大使としてフランスに駐在した。1971年ノーベル文学賞受賞。1973年9月23日、アウグスト・ピノチェト将軍らによるクーデター勃発の約2週間後、サンティアゴ市内の病院で病死したとされているが、謀殺説をめぐる検証が続行中である。上記以外の代表作に詩集『ブドウと風』『基本頌歌集』(1954年)、『新基本頌歌集』(1956年)、『第三頌歌集』(1957年)、『航海と帰還』(1959年)、『イスラネグラの備忘録』(1964年)、『鳥の秘術』(1966年)、『世界の終わり』(1969年)等。

松本健二  (マツモトケンジ)  (

大阪大学世界言語研究センター准教授。ラテンアメリカ現代文学。訳書にロベルト・ボラーニョ『通話』(白水社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。