版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
反〈安倍式積極的平和主義〉論 纐纈 厚(著) - 凱風社
...

反〈安倍式積極的平和主義〉論 歴史認識の再検証と私たちの戦争責任

発行:凱風社
縦200mm
299ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7736-3805-9
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2014年5月
登録日
2016年9月9日
最終更新日
2016年9月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

平和主義を消極的とみる"国家観"や事実を歪曲して憚らない"歴史観"が否定されることなく存続してきたのは、国家も国民も戦争責任の所在を真摯に追及してこなかった証ではないか。日本国憲法や社会秩序の崩壊するかもしれない岐路にあっても危機感が薄いのはなぜか。日本には依然として真の民主主義は根付いていないのではないか-アジア諸国民との平和的共存を目指して警鐘を鳴らす。

目次

帝国日本の原型とその再登場-田母神問題の本質
帝国の天皇と象徴の天皇-聖断論と天皇の免責
戦時官僚が指導した戦後の経済復興-岸信介の再登場
靖国神社と明治以来の戦争-小泉公式参拝強行の背景
日本はアジアを侵略した-歴史の歪曲は不信を生む
アジア太平洋戦争の歴史事実-卑劣な歴史修正主義
日韓領土問題と戦後アジア秩序-二つのシステムの併走と未決の歴史問題
求められるトランスナショナルな地平-日韓のナショナリズムを乗り越えるために
日米安保がアジアとの和解を阻害した-日米同盟とアジア
植民地と戦争の記憶と忘却-歴史の「物語化」に絡めて
「過去と向き合う」ということ-戦後世代の戦争責任
安倍政治の危険な動き-「平和主義」を語る資格はあるのか

上記内容は本書刊行時のものです。