版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本のシンガポール占領 : 証言=「昭南島」の三年半 Lee, Geok Boi(著) - 凱風社
...

日本のシンガポール占領 : 証言=「昭南島」の三年半

発行:凱風社
縦210mm
325ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7736-3801-1
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2013年9月
登録日
2016年9月6日
最終更新日
2016年9月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

一九七〇年、西ドイツのブラント首相はワルシャワ・ゲットーの記念碑の前でひざまずいて、ナチスの犯罪に対して深い謝罪の意を示した。ひるがえって、シンガポールの「日本占領時期死難人民紀念碑」の前で日本の首相が、献花にとどまらず謝罪をすることが、果たしてあるだろうか。日本と隣国との間で歴史認識と領土をめぐる軋轢が絶えない。東アジアに限らず「真の和解」への道は、加害者の謝罪があってはじめて開ける。本書に収載されているのは、占領下のシンガポール住民が体験した日本占領の真の姿だ。

目次

第1章 一つの時代の終幕-占領への序曲
第2章 戦争の勃発-シンガポール包囲戦
第3章 日本時代が始まる-住民への対応
第4章 法と秩序-日本の占領政策
第5章 昭南島の日常-大東亜共栄圏の暮らし
第6章 終局の始まり-ナショナリズムのルーツ

上記内容は本書刊行時のものです。