版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
猫はこうして地球を征服した アビゲイル・タッカー(著/文) - インターシフト
..

猫はこうして地球を征服した 人の脳からインターネット、生態系まで

四六判
272ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784772695589
Cコード
C0040
一般 単行本 自然科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-25 朝日新聞  朝刊
評者: 柄谷行人(哲学者)
2018-02-25 東京新聞/中日新聞  朝刊
2018-02-03 日本経済新聞  朝刊
評者: 渡辺政隆(筑波大学教授)

紹介

愛らしい猫にひそむ不思議なチカラーー
世界中のひとびとを魅了し、リアルもネットも席巻している秘密とは?

★全米ベストセラー ★年間ベストブック&賞、多数!

猫はいま多くのひとびとを魅了し、
世界各地の都市・自然の生態系で増え続け、
インターネットでも爆発的人気を得ています。

一見、か弱そうにみえる猫の魔法のようなチカラーー
本書はその秘密を解き明かします。

・もともと人類はネコ科と敵対していたのに、なぜ猫に惹きつけられるのか?
・猫はひそかに人を手なずけている
・なついていても、野生の遺伝子は残したまま

・ヒトの進化にネコ科が貢献している
・実は猫はネズミ退治に役立たない(基本、何の役にも立たない)。
 ・・では、なぜ人との長いつきあいが続いてきたのか?

・脳を操る寄生生物が、猫から人に感染する(3人に1人が感染)。
 ・・性格が変わるなどの影響力を、第一線の研究者が明かす
・なぜインターネットで猫が大人気なのか?

・私たちは室内猫に、してはいけないことをよくやっている
・「猫を飼うと健康に良い」・・って本当?
・将来、猫は垂れ耳になり、剣歯が生えてくる可能性も

・・・ほか、猫をもっと理解し愛するための「猫学」決定版!

「私はこの本を通して、ネコという動物をあるがままに、
戦略と物語をもった力強い生きものとして理解することが重要だと論じてきた。

このような目でネコを見ることによって、
私たちは自分自身を理解し、自分が何をできるかを完全に知ることができる」
ーー本書より

★ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー!
★『フォーブス』誌、『ライブラリー・ジャーナル』、『スミソニアン』誌
 ーー年間ベスト・サイエンス・ブックス
★バーンズ&ノーブルの「ディスカバー・グレイト・ニューライターズ」賞
★世界12カ国で刊行

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::著者:: アビゲイル・タッカー
ライター。スミソニアン協会(スミソニアン博物館などの運営元)が発行する『スミソニアン』誌の記者。
彼女の記事は、毎年、最も優れた科学読み物を選ぶ「ベストアメリカン・サイエンス&ネイチャー・ライティング」に掲載。大の猫好き。

::目次::

はじめに: 地球の小さな征服者
第1章: 滅亡と繁栄
第2章: なついていても野生を残す
第3章: ネコに魔法をかけられて
第4章: エイリアンになったネコたち
第5章: ネコから人間の脳へ感染する
第6章: 人間はネコに手なずけられている
第7章: 次世代のネコたち
第8章: なぜインターネットで大人気なのか

著者プロフィール

アビゲイル・タッカー  (アビゲイルタッカー)  (著/文

ライター。スミソニアン協会(スミソニアン博物館などの運営元)が発行する『スミソニアン』誌の記者。
彼女の記事は、毎年、最も優れた科学読み物を選ぶ「ベストアメリカン・サイエンス&ネイチャー・ライティング」に掲載。
また、コロンビア大学のマイク・バーガー賞、ナショナル・ヘッドライナー賞なども受賞している。
大の猫好き。

西田美緒子  (ニシダミオコ)  (翻訳

翻訳家。訳書は、キャスリン・マコーリフ『心を操る寄生生物』、チャールズ・フォスター『動物になって生きてみた』、
ペネロペ・ルイス『眠っているとき、脳では凄いことが起きている』など、多数。

上記内容は本書刊行時のものです。