版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
世界の子ども権利かるた 甲斐田万智子(監修) - 合同出版
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

9784772655033

世界の子ども権利かるた みんなで知ろう! わたしたちのチャイルドライツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:合同出版
90ページ
定価 3,400円+税
ISBN
978-4-7726-5503-3   COPY
ISBN 13
9784772655033   COPY
ISBN 10h
4-7726-5503-4   COPY
ISBN 10
4772655034   COPY
出版者記号
7726   COPY
Cコード
C8037  
8:児童 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年3月10日
書店発売日
登録日
2021年10月29日
最終更新日
2022年1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1989 年に国連で子どもの権利条約が採択され、日本は 1994 年にこの条約を批准しました。
批准とは、条約に書かれてあることが守られるように約束したということです。
政府をはじめ、おとなは子どもたちに子どもの権利を伝える責任が生まれました。
それから 30 年以上たちましたが、実際は子どものうちに子どもの権利を知らされな
いままおとなになる人がたくさんいます。
「子どものときに子どもの権利を知っていたら、もっといろいろできたのに」、と悔やむ若者の声もたくさん聞きます。
子どもの権利は知識として学ぶだけでなく、使うことによって本当の力を発揮します。
つまり子ども自身が悩みを解決したり、よりよい社会をつくることができるようになるためにあります。
このかるたは、文京学院大学の 3 年生 6 名が認定 NPO 法人国際子ども権利センター
シーライツのインターンとして制作にかかわりました。制作の過程で川崎のフリースペー
ス・えんの子どもたちなどに意見を聞きました。
そして、日本で暮らす子どもたちに対して以下のメッセージを込めました。
①......特につらい思いをしている子どもたちに向けて「休んでもいい」「逃げてもいい」「相
談してほしい」「声を上げてほしい」
②......女の子であること、性的マイノリティであることや見た目の違いがあるために、差別
を受けていたり、無意識に差別的な行動をしたりする子どもに気づいてもらいたい、
性的被害や暴力にあっている子どもに「No と言ってほしい」
③......いろいろなアイデアを持ち、社会をよりよいものにしようとする子どもに、意見を言っ
て問題解決に参加してほしい
④......ふだんなかなか知ることのできない世界の子どもたちの状況も、子どもの権利をきっ
かけに知ってほしい

かるた遊びを通じて、子どもたち自身が子どもの権利について知り、暮らしのなかで
子どもの権利はきちんと守られているのか、考えてみてくれたらと思っています。

著者プロフィール

甲斐田万智子  (カイダマチコ)  (監修

文京学院大学教授
認定 NPO 法人国際子ども権利センター代表理事
広げよう! 子どもの権利条約キャン ペーン共同代表
開発教育協会評議員

上記内容は本書刊行時のものです。