版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
なんのなかま? 発達協会(監修) - 合同出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1
発達協会式ソーシャルスキルが身につくカード 3

なんのなかま? 発達協会式 表現力が身につくカード

発行:合同出版
230ページ
定価 4,000円+税
ISBN
9784772614184
Cコード
C8037
児童 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月
書店発売日
登録日
2020年3月5日
最終更新日
2020年7月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「りんご」を表現する際、「ぼくが きのう 食べたもの」と言ういい方がないわけではありませんが、自分の体験をもとに表現しても、相手には正しく伝わりません。
りんごを<あまくて 赤い くだもの>と表現できるようになるには、りんごを概念的に理解するプロセスが不可欠なのです。概念的理解には、上位のカテゴリー、下位のカテゴリーに属する言葉(ネットワーク語彙*)を獲得することが必要です。
ことばのネットワークを広げることで、ことばで表現したり、説明したりするコミュニケーション能力が身についていきます。

■ものの選択とカテゴリーについて
①対象年齢である5~6歳の子どもが一般的に獲得しており、生活の中で知っていると便利なものを中心に、230語選択しました。
②「ものの概念的な理解、表出を促す」ために3つのカテゴリーで分類しています。この絵カードの用途にしたがって、身近なものでも、この年齢の語彙力では説明がむずかしい単語は省略しています。

目次

【1】カードゲームでものの名前をおぼえよう
Step1 名前わかるかなゲーム
Step2 絵の名前いえるかなゲーム

【2】「ネットワーク語彙」を身につけよう
Step1 なかまあつめゲーム
Step2 わかるかなゲーム
Step3 いえるかなゲーム
Step4 おなじ・ちがうゲーム

【3】文の理解と説明の力を育てよう
Step1 2つヒントのなぞなぞゲーム
Step2 2ヒントのなぞなぞをつくる

【4】この絵カードを使ってできる各種のゲーム
■ステレオゲーム
■文字数を当てようゲーム
■好きな順に並べようゲーム
■相手が好きな順を当てようゲーム

◎教材を使うときのポイント

■カードのリスト一覧(230枚)

上記内容は本書刊行時のものです。