版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
大人が変われば、子どもが変わる 発達障害の子どもたちから教わった35のチェンジスキル 阿部利彦(著/文) - 合同出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1

大人が変われば、子どもが変わる 発達障害の子どもたちから教わった35のチェンジスキル

発行:合同出版
B5判
88ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784772614160
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月
発売予定日
登録日
2020年3月3日
最終更新日
2020年7月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大人が身につけておきたい
・ほめるスキル ・しかるスキル ・つたえるスキル ・はげます 支援スキルを、イラストやエピソードをまじえて35紹介します。

「子どもたちはこんなふうに受け止めていたんだ」「自分はしつけだと思っていたけど、子どもにとっては納得いかない行動だったんだな」…と思ったら、対応をチェンジしてみませんか?

●●●●まえがきより●●●●
思えば、自分が大学でカウンセリングを学んでいた頃は、「困っているその子(人) をどう変えるか」という考えしか無かった気がします。しかし、支援を実践していく うち、子どもの応援をする大人が、そう、「大人こそがまず変わるべきなのだ」と気づかされました。
なぜなら、子どもたちは身の回りの大人の姿をモデルにして育ち、そして大人との関わりの中から多くのことを吸収し、変容していくからです。

目次

チェックしてみよう! あなたにはどんな苦手さがありますか?
発達障害のある子どもたちの苦手さを感じ、知ろう

【1 ほめるスキル】
1 子どもの気持ちを受けとめてほめる
2 ささやかに、ていねいにほめる
3「しっかり」「きっちり」「ちゃんと」はNGワード
4 取り組みの「途中」からほめる
5「ほめる」と「しかる」をセットにしない
6「できて当たり前」という考えから抜け出す
7「間接強化」の技を使う
【2 しかるスキル】
1 子どもに響くしかり方を工夫する
2 ポイントを決めて、短くしかる
3 質問形式の言葉を使わない
4「裏を読ませる」言い方を減らす
5 あいまいな表現は避ける
6「罰によるコントロール」に依存しない
7 しかり方のムラをなくす
【3 禁止・命令・注意の言葉かけのスキル】
1 禁止は否定文でなく肯定文で
2 おどさないで励ます
3 マイルドな言い方も取り入れる
4 ときにはお願いしてみる
5 先手の「ありがとう」
6 ネガティブな暗示よりポジティブな暗示を
7 大切に思う気持ちを必ず添える
【4 励ますスキル】
1 その子の心に寄り添って聴く
2 まずプロセスを楽しませる
3 うまくできたことから学ぶ ─ ポジティブセルフレビュー
4「立ち直り力(レジリエンス)」を育む
5 子どもの「励ましパワーワード」を見つける
6 静かなる励まし
7 タイミングが大事
【5 スキルを支えるスピリッツ】
1 応援のヒントはその子の中に
2 子どものプライドに目を向けよう
3 心のストライクゾーンを広げよう
4 伝えたい大切なことは、おだやかに
5「ふわっと言葉」を増やそう
6 あなたもがんばりすぎないで
7「人生を楽しむ大人のお手本」になる

著者プロフィール

阿部利彦  (アベトシヒコ)  (著/文

星槎大学大学院教授。日本授業 UD 学会湘南支部顧問。 専門は、教育相談、学校カウンセリング、学校コンサルテーション。 1968 年生まれ。早稲田大学人間科学部卒業、東京国際大学大学 院社会学研究科修了後、東京障害者職業センター生活支援パー トナー(現・ジョブコーチ)、東京都足立区教育研究所教育相談員、 埼玉県所沢市教育委員会健やか輝き支援室支援委員などを経て 現職。 長年、発達障害がある子とその家族の相談支援に携わり、その豊 富な経験から全国各地で多数の講演会や研修会の講師を務める。 著書に『これだけは知っておきたい 発達が気になる児童生徒の 理解と指導・支援:多様性のある子どもたちのあしたのために』(金子書房 2019)『発達障がいを持つ子の「いいところ」応援計画』(ぶどう社、2006)『通常学級のユニバーサルデザイン スタートダッシュ Q&A55(東洋館出版社、2017)『見方を変えればうまくいく!発達が気になる子の子育てリフレーミング』(中央法規出版、2015)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。