版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ウーマン・イン・バトル マルタ・ブレーン(著/文) - 合同出版
..

ウーマン・イン・バトル 自由・平等・シスターフッド!

発行:合同出版
B5判
128ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784772613958
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年5月28日
最終更新日
2019年6月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2018年ノルウェー文化省児童書賞 最優秀賞
2019年ボローニャ・ラガッツィ賞 優秀賞(ノンフィクションの部)

『THE GUARDIAN』の「The best children’s books of 2018 for all ages」企画にも選ばれ、
日本を含む22カ国で翻訳される注目の1冊

ノルウェー発! 民主主義を求め闘った女性たちの歴史を描いたコミック作品

19世紀、女性と男性とでは人生を送る条件がまったく違っていました。
女性は投票もできず、自分でお金を稼ぐこともできませんでした。自分の体を管理することはできませんでした。女性の体の決定権は父親にあり、結婚してからは夫がそれを引き継ぐのです──

解題:牟田和恵(大阪大学 ジェンダー論)

伊藤詩織さん(ジャーナリスト)推薦!
──この本で出会う女性たちと、彼女たちの言葉を、私は忘れることがないでしょう。

  ミレニアル世代の私は、“自由”な環境で育ってきた。
  自分が性暴力被害を経験するまでは、この社会に鎖が存在することにも、
  その鎖に傷つけられてきたことにも、気づかなかった。気づきたくなかったのかもしれない。
  鎖から放たれようと行動するのは容易なことではない。
  けれど「言葉ではなく行動を」
  あなたが動けば必ず波が生まれ、それはいずれ未来を動かす大波にもなる。
  一人一人にそのパワーがある。
  そうこの本は教えてくれる。──

目次

この本で取り上げる人物

エリザベス・キャディー・スタントン(1815 - 1902)
ルクレティア・モット(1793 - 1880)
ハリエット・タブマン(1822頃 - 1913)
ソジャーナ・トゥルース(1797 - 1863頃)
オランプ・ド・グージュ(1748 - 1793)
メアリ・ウルストンクラフト(1759 - 1797)
ミリセント・フォーセット(1847 - 1929)
エメリン・パンクハースト(1858 - 1928)
ファーテメ・バラガーニー(生年不明* - 1852)
クララ・ツェトキン(1857 - 1933)
ローザ・ルクセンブルク(1871 - 1919)
マーガレット・サンガー(1879 - 1966)
マララ・ユフスザイ(1997 - )

*1814~1817年の間に生まれたとされる

著者プロフィール

マルタ・ブレーン  (マルタ ブレーン)  (著/文

1976年生まれ。数々の作品を世に送り出しているノンフィクション作家。
ノルウェーの音楽シーンにおける男女の不均衡を扱った『女子とワインと歌』や、男女平等が進むノルウェーで現在起こっている揺り戻しについて書いた『生まれつきフェミニスト』などを発表。本作のイラストレーター、イェニー・ヨルダルとの共作には、ベストセラー『あなたが会うべき60人の女性』や、ノルウェーで文化省青少年向けノンフィクション賞に輝いた『エフ・ワード──フェミニストでいる155 の理由』などがある。本作『ウーマン・イン・バトル』は、20カ国以上で出版が決まっていて、2019 年ボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞(ノンフィクションの部)や、ノルウェー文化省児童書賞最優秀賞を受賞。英国紙『ガーディアン』の記事でも、2018年の最有良児童書の一つとして紹介された。

イェニー・ヨルダル  (イェニー ヨルダル)  (イラスト

1989年生まれ。数々の受賞歴があるノルウェーのイラストレーター、漫画家、グラフィックデザイナー、作家。
オスロ国立芸術大学卒業。環境教育漫画『緑』をはじめとして、多くの作品のイラストを手がけている。本作の著者、マルタ・ブレーンとは、『あなたが会うべき60人の女性』『エフ・ワード──フェミニストでいる155 の理由』などの本を共作し、高い評価を得ている。

枇谷玲子  (ヒダニレイコ)  (翻訳

1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学。2005年、大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。在学中の2005年に翻訳家デビュー。北欧の書籍を翻訳紹介している。主な訳書に、『キュッパのはくぶつかん』(福音館書店)、『自分で考えよう』(晶文社)、『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。