版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
筋肉のメランコリー 福田 大輔(著/文) - 晃洋書房
..

書店員向け情報

書店注文情報

受注センター:
注文電話番号:
注文FAX番号:
編集部:
注文電話番号:
注文FAX番号:
なし
9784771035287

筋肉のメランコリー ラカンとともに読む三島由紀夫

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晃洋書房
四六判
254ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-7710-3528-7   COPY
ISBN 13
9784771035287   COPY
ISBN 10h
4-7710-3528-8   COPY
ISBN 10
4771035288   COPY
出版者記号
7710   COPY
Cコード
C1011  
1:教養 0:単行本 11:心理(学)
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月20日
書店発売日
登録日
2021年8月18日
最終更新日
2021年8月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

三島によって自在に繰り出される美しい文字の群れ、その饒舌な言葉の行間から一瞬流出する、死の欲動の線(ライン)をたどる。
ラカンの声とまなざしとともに、三島の文体と肉体と身体を読み直し、これまでの三島像と訣別する試み。

目次

イントロダクション

第1章 
ラカンによるフロイトの欲望への問いかけ

フロイトの芸術解釈と精神分析の創設
鼠男のシニフィアン
狼男のシニフィアンと対象a
母親の体位から導出される去勢不安と対象選択
フロイトの急き立て:狼男の分析治療の発展と終結
狼男の精神病発症
ラカンによるフロイト批判
絵(タブロー)から絵画(パンチュール)へ

第2章
『音楽』精神分析家の欲望への問いかけ

精神分析家とヒステリー患者の交差配列(キアスム)
症状と経過:手紙による治療の構造化
麗子の手紙を巡る三角形
汐見の身体的出来事(1):レコードの擦り音
花井の手紙と花井という手紙
花井と麗子における〈花〉のシニフィアン
汐見の身体的出来事(2):切り裂かれた花の幻視
汐見による現実への介入
麗子の電報におけるシンコペーション

第3章
筋肉のメランコリー

書かれた幼少期/隠された幼少期
終りなき喪の作業からの離脱
ボディビルディングの開始のひとつの契機
世界一周旅行とボディビルディングの効果
『鏡子の家』:ボディビルディングの彼岸へ
『太陽と鉄』:肉体と言葉からの離脱もしくは死への二重の同一化
制服の脱個性とその眩さ

第4章
家族の見掛け(サンブラン)と対象aの弁証法

■『禁色』:出産の想像的幻想と対象分離の根源的幻想
『禁色』第二部の路線変更
胎児の奇怪な記述
出産場面の瞠視の命令と悠一の変容
対象aのヴェールとしての子ども
子どもの誕生後の家庭の危機とファリック・マザーによる救済
子どもという対象の眩さ
『禁色』から『憂国』へ
■『憂国』:対象aの物象化と現実界における出産幻想
映画版『憂国』
■『豊饒の海』:現実的なまなざしと父親の生殖の現実的機能
窃視症者本多の逮捕
『暁の寺』校了による著者への影響
■『天人五衰』:窃視症と養子縁組
ファリック・マザーの介入による家庭生活の破壊

第5章
金閣の書字と身体

溝口の身体像の欠如/青年たちの身体イメージの投げ返し
金閣の意味の重層化
幻想の女性への接近と現実の女性への接近
父性の代理者たちの失墜と性的体験
金閣の書体=身体の美 
金閣の書体=身体の揺らぎと享楽
『金閣寺』という〈他者〉の身体における象徴的ファルスとその文体・カリグラフィー
「リチュラテール」論文における「流出」の考察
「リチュラテール」論文における「溝入」の考察
『金閣寺』における「流出(ruissellement)」と「溝入(ravinement)」

第6章
『サド侯爵夫人』と『わが友ヒットラー』のあいだ

両作品の関係性について
■『サド侯爵夫人』
戯曲の構造
黒ミサをめぐる母親との対決:母親の身体の鎧
パロールの奪取:死の要求と要求の死の弁証法
大革命の到来
「カントとサド」:倒錯的幻想におけるシニフィアンの身体
死の欲動における無からの創造
放逐される老サド
文字の飛翔と政治
幕間:現実世界へのコミットメント
■『わが友ヒットラー』
戯曲の構造
言語の不調
革命なき世界の脱落感
アドルスト:鼠の二重の身体
兜虫という身体の非シニフィアン性
クルップという超自我の失墜
美と幻想の終焉
退屈さと現実的なもの

第7章
剣と身体の政治的享楽

剣道と「怪物的日本」の声  
映画版『憂国』の剣の論理
楯の会の創設
一なる線になること:三島の賭け

結語

上記内容は本書刊行時のものです。