版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
想い出すこと 松山 直樹(翻訳) - 晃洋書房
..

想い出すこと ヴィクトリア時代と女性の自立

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晃洋書房
A5判
176ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7710-3476-1   COPY
ISBN 13
9784771034761   COPY
ISBN 10h
4-7710-3476-1   COPY
ISBN 10
4771034761   COPY
出版者記号
7710   COPY
 
Cコード
C1023
教養 単行本 伝記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月30日
書店発売日
登録日
2021年3月10日
最終更新日
2021年3月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は,ケンブリッジ大学で女性として初めて経済学を学び,イギリスで最初の女性経済学講師であったメアリー・ペイリー・マーシャル(1850-1944)の回想録である.配偶者の視点から経済学者アルフレッド・マーシャルの横顔を捉えようとする狭い関心を超え,ヴィクトリア時代の人々の生き様や女性の自立という文化史の一齣としての意義をもつ一冊である.

目次

訳者はしがき
凡 例

想い出すこと――メアリー・ペイリー・マーシャル

G・M・トレヴェリアンによる序文

1 田舎の教区牧師館での生活(一八五〇 ─ 一八七〇年)
2 ケンブリッジとニューナムの始まり(一八七〇 ─ 一八七五年)
3 ブリストル、方法、手段(一八七七 ─ 一八八二年)
4 パレルモの屋根にて
5 オックスフォード(一八八三 ─ 一八八四年)
6 ケンブリッジに戻って(一八八五 ─ 一九二四年)
付録 トマス・ペイリー牧師(神学士)

解説 1 メアリー・ペイリー・マーシャルとその時代
解説 2 大学人としてのメアリーとアルフレッド

訳者あとがき
人物一覧
付録 メアリー・ペイリー年譜
掲載写真(提供者)
図版一覧
文献目録
事項索引
人名索引

上記内容は本書刊行時のものです。