版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ドイツ啓蒙の哲学者若きクリスティアン・ヴォルフの知識体系論 山本 道雄(著/文) - 晃洋書房
..

ドイツ啓蒙の哲学者若きクリスティアン・ヴォルフの知識体系論 ドイツ啓蒙思想の一潮流 3

発行:晃洋書房
A5判
306ページ
定価 5,000円+税
ISBN
9784771033832
Cコード
C3010
専門 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年8月10日
書店発売日
登録日
2020年7月1日
最終更新日
2020年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ドイツ啓蒙思想研究必携の書
本書はヴォルフ33歳の論理学書に焦点を定め, 若きヴォルフの思想の現代的可能性を剔抉する試みである。それによって三段論法で身を固めた体系家ヴォルフという通俗的なヴォルフ像を破壊し、カントとの対比でドイツ学校哲学の歴史に新しい解釈軸を導入する。

目次

第1論文 ドイツ啓蒙の哲学者若きクリスティアン・ヴォルフの知識体系論
      ――「ドイツ語論理学」第4章第23、24、25節を中心に――
 はじめに
 A 時代
 B ヴォルフの三段論法論(「形式的推理」論)
 C 全体論的・動的な知識体系論
 D ヴォルフ vs カント
 E 補論――論理学的観点から

第2論文 『ドイツ啓蒙の哲学者クリスティアン・ヴォルフのハレ追放顛末記」補遺
      ――マールブルクからハレへ、ヴォルフの大学論――
 序論
 A マールブルクからハレへ
 B ヴォルフの大学論

資料 クリスティアン・ヴォルフ『心理の認識における人間知性の力ならびにその正しい使用についての理性的考察』 山本 道雄 訳

著者プロフィール

山本 道雄  (ヤマモトミチオ)  (著/文

1944年生まれ,神戸大学経営学部経営学科卒業,神戸大学大学院文学研究科修了, 博士(文学),神戸大学名誉教授,関西看護医療大学特任教授

上記内容は本書刊行時のものです。