版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
先の見えない現在 池田 伸子(著/文 | 編集) - 晃洋書房
..
立教大学異文化コミュニケーション学部研究叢書Ⅲ

先の見えない現在 人、地域、文化、社会をつなぐ「ことば」を考える

発行:晃洋書房
四六判
248ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784771033740
Cコード
C3036
専門 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月20日
書店発売日
登録日
2020年8月26日
最終更新日
2020年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

グローバル化した時代において、「ことば」はどのような意味や役割をもつのだろうか。文化を支える「ことば」について日本語教育、英語教育、バイリンガリズム、言語習得、社会言語学といった多角的な視点から再考察する。

目次

SectionⅠ 日本語教育―地域・文化・人をつなぐ「日本語」:学校教育の視点から―
Chapter 1 地域・文化・社会をつなぐ「日本語」―日本語教育の観点から―
Chapter 2 地域・文化・社会をつなぐ日本語教育―日本語教育人材の養成・研修の観点から―
Chapter 3 海外における日本語教育―高度人材獲得の視点から言語文化政策としての日本語教育を再考する―

Section Ⅱ バイリンガリズム研究―バイリンガルの言語使用・言語能力の多様性を探る―
Chapter 4 バイリンガル母子間における言語使用の変遷―ミクロな観点からその軌跡を追う―
Chapter 5 バイリンガル児童のナラティヴ―二言語の併存から見えてくるもの―

Section Ⅲ 英語教育―Pragmatic and Intercultural Competence(語用論的能力と文化能力)―
Chapter 6 Two Competencies: Intercultural and Pragmatic
Chapter 7 Intercultural Communication in language education and Language Teacher Education

Section Ⅳ 言語習得―社会的存在としての第二言語学習者―
Chapter 8 社会的存在としての第二言語学習者―CLIL的要素を持った英語活動の理論と実践―
Chapter 9 スタディー・アブロード環境における第二言語語用論的能力の習得

Section Ⅴ 社会言語学・言語人間学―ことばを鳥瞰する―
Chapter 10 ことばと世界を鳥瞰する
Chapter 11 社会言語学の世界

著者プロフィール

池田 伸子  (イケダノブコ)  (著/文 | 編集

立教大学異文化コミュニケーション学部教授

川﨑 晶子  (カワサキアキコ)  (著/文 | 編集

立教大学名誉教授

髙橋 里美  (タカハシサトミ)  (著/文 | 編集

立教大学異文化コミュニケーション学部教授

ロン・マーティン  (ロンマーティン)  (著/文 | 編集

立教大学異文化コミュニケーション学部准教授

丸山 千歌  (マルヤマチカ)  (著/文 | 編集

立教大学異文化コミュニケーション学部教授

森(三品) 聡美  (モリサトミ)  (著/文 | 編集

立教大学異文化コミュニケーション学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。