版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
海軍軍令部 豊田 穣(著) - 潮書房光人社
...
光人社NF文庫

海軍軍令部

縦160mm
534ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7698-2976-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2016年11月
登録日
2017年2月15日
最終更新日
2017年2月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

作戦計画は国家最高の機密事項として、少数者で計画すべきであるが、戦争計画となるとそう簡単にはいかない。統帥権独立という制度を悪用せず、衆知を集め、平素から戦争計画を立てていたら、大東亜戦争は避けられたのではないだろうか。兵は国の大事、専門の軍人だけに任せておけるべきものではなかったのである。

目次

第1章 開戦決定
第2章 軍令部の歴史
第3章 緒戦の勝利
第4章 米軍の反攻
第5章 守勢への転換
第6章 連合艦隊の終焉
第7章 終戦と軍令部

上記内容は本書刊行時のものです。