版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
安政コロリ流行記 仮名垣 魯文(原著) - 白澤社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

安政コロリ流行記 幕末江戸の感染症と流言

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:白澤社
四六判
176ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7684-7985-8   COPY
ISBN 13
9784768479858   COPY
ISBN 10h
4-7684-7985-5   COPY
ISBN 10
4768479855   COPY
出版者記号
7684   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年5月
書店発売日
登録日
2021年4月12日
最終更新日
2021年4月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

幕末に未知の感染症に襲われ多くの死者を出した大都市江戸の混乱と不安を虚実とりまぜて活写した仮名垣魯文の『安政箇労痢流行記』。本書はその原文と現代語訳を収めるとともに、当時、江戸市中で語られた感染症にまつわる流言や怪事件の記録から江戸後期の疫病観を分析した解説を併載。疫病禍に直面した江戸の人々の姿から現代の課題が浮かび上がる。

目次

巻頭言 江戸のネコ歩き──安政の魯文
序 コロリ禍の中で
一 仮名垣魯文『安政箇労痢流行記』
二 『安政箇労痢流行記』現代語訳
三〈解説1〉コロリ表象と怪異
四〈解説2〉大尾に置かれた白沢図とその意味

著者プロフィール

仮名垣 魯文  (カナガキ ロブン)  (原著

文政12(1829)年江戸生れ、1894(明治27)年没。幕末から明治初期に活躍した戯作者、新聞記者。明治期の『西洋道中膝栗毛』、『安愚楽鍋(あぐらなべ)』などが代表作。また、『仮名読新聞』、『いろは新聞』などを創刊・主宰、新聞記者として活躍。

篠原 進  (シノハラ ススム)  (著/文

巻頭言:青山学院大学名誉教授。専門は日本近世文学。
編著書に『ことばの魔術師 西鶴』(共編、ひつじ書房)、「江戸のコラボレーション──八文字屋本の宝暦明和」(『国語と国文学』2003年5月)、「二つの笑い──『新可笑記』と寓言」(同2008年6月)。『新選百物語』(監修、白澤社)など。

門脇 大  (カドワキ ダイ)  (著/文

翻刻・現代語訳:1982年島根県生まれ。神戸大学大学院人文学研究科博士課程修了。専攻は日本近世文学。香川高等専門学校講師。論文に、「怪火の究明──人魂・火の化物」(堤邦彦・鈴木堅弘編『俗化する宗教表象と明治時代 縁起・絵伝・怪異』三弥井書店)など。

今井 秀和  (イマイ ヒデカズ)  (著/文

解説:1979年東京都生まれ。大東文化大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専攻は日本近世文学、民俗学、比較文化論。大東文化大学非常勤講師、蓮花寺佛教研究所研究員。著書に『天狗にさらわれた少年──抄訳仙境異聞』(訳・解説、KADOKAWA)、『異世界と転生の江戸──平田篤胤と松浦静山』(白澤社)など。

佐々木 聡  (ササキ サトシ)  (著/文

解説:1982年秋田県生まれ。金沢大学文学部卒、東北大学博士課程後期修了。博士(文学)。金沢学院大学講師。主な著書に、『復元 白沢図──古代中国の妖怪と辟邪文化』(白澤社)、東アジア恠異学会編『怪異学入門』(共著、岩田書院)など。

上記内容は本書刊行時のものです。