版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「働く喜び」の喪失 荒川敏彦(著/文) - 現代書館
..
いま読む! 名著

「働く喜び」の喪失 ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読み直す

発行:現代書館
四六判
240ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784768410202
Cコード
C0333
一般 全集・双書 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年6月23日
最終更新日
2020年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

マックス・ヴェーバーは、20世紀初頭に刊行された『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』において、近代資本主義が西欧で勃興しはじめようとする16、17世紀の市民の生き方に目を向け、資本主義社会の問題を「生活態度」という視点から捉え直した。本書籍は、混迷を極める世界情勢の中、「不安に駆り立てられながら働きつづける」近代人の精神を、【天職・予定・確証】という3つの連動して作用する鍵概念と重ね合わせることを試みる。ベルーフの訳語として用いられる「天職」という日本語は、元々の儒教的含意から明治期日本での変容を経て、「生きがい」という意味にまで解釈が拡大した。「予定説」と「確証思想」の作用は、現代社会における孤独化、排他性、自己コントロールや監視社会といった問題にまで広げることができる。このような思考を、現代社会に対する「鏡」として使うことで、私たちが埋め込まれている労働中心主義の陥穽が見えてくる。

著者プロフィール

荒川敏彦  (アラカワトシヒコ)  (著/文

1972年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、千葉商科大学商経学部教授。専門は、宗教社会学、社会思想史。おもな著書に、『日本マックス・ウェーバー論争――「プロ倫」読解の現在』(2008年、ナカニシヤ出版、共著)、『呪術意識と現代社会――東京都二十三区民調査の社会学的分析』(2010年、青弓社、共著)、『危機に対峙する思考』(2016年、梓出版社、共著)など。

上記内容は本書刊行時のものです。