版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中国共産党の歴史 高橋 伸夫(著) - 慶應義塾大学出版会
.

書店員向け情報

中国共産党の歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
384ページ
上製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-7664-2754-7   COPY
ISBN 13
9784766427547   COPY
ISBN 10h
4-7664-2754-8   COPY
ISBN 10
4766427548   COPY
出版者記号
7664   COPY
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月30日
書店発売日
登録日
2021年6月14日
最終更新日
2021年7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-08-22 読売新聞  朝刊
評者: 国分良成(前防衛大学校長・国際政治学者)
MORE
LESS

紹介

日中戦争、大躍進、文化大革命、天安門事件など、幾多の困難にもかかわらず成長し続け、国際的影響力を強める中国とその政権を握る中国共産党。
壮大な理想とリアリズムの間で揺れ動いた毛沢東、鄧小平、習近平らの思想と行動、そして彼らが引き起こした歴史的事件を通じてその実像を解き明かす。

目次

序 章 中国共産党史の語り方
第1章 中国共産党の誕生
第2章 国共合作とその挫折
第3章 武装蜂起、そして大粛清
第4章 退却と分裂
第5章 日中戦争下での危機と成長
第6章 国共内戦とソ連への傾斜
第7章 新しい国家の樹立と社会主義建設
第8章 中国的な社会主義を求めて
第9章 大躍進の挫折
第10章 文化大革命への道
第11章 自己目的化した「革命」――文化大革命
第12章 毛沢東時代の終焉、そして文化大革命の終わり
第13章 改革開放への大転換
第14章 突進あるいは漂流――江沢民時代
第15章 軌道修正あるいは修復――胡錦濤時代
終 章 凍結あるいは反動――習近平時代

 あとがき
 参考文献
 索 引

著者プロフィール

高橋 伸夫  (タカハシ ノブオ)  (

慶應義塾大学法学部教授、慶應義塾大学東アジア研究所所長。1960年生まれ。
慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了、博士(法学)。
主要著作:『党と農民―中国農民革命の再検討』(研文出版、2006年)
『現代中国政治研究ハンドブック』(編著、慶應義塾大学出版会、2015年)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。