版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
言葉はいかに人を欺くか ジェニファー・M・ソール(著) - 慶應義塾大学出版会
.

書店員向け情報

言葉はいかに人を欺くか 嘘、ミスリード、犬笛を読み解く

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
306ページ
上製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-7664-2745-5   COPY
ISBN 13
9784766427455   COPY
ISBN 10h
4-7664-2745-9   COPY
ISBN 10
4766427459   COPY
出版者記号
7664   COPY
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年4月30日
書店発売日
登録日
2021年3月10日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-06-26 日本経済新聞  朝刊
評者: 山本貴光(ゲーム作家)
MORE
LESS

紹介

▼隠されたメッセージを暴け!
▼ポスト・トゥルースの時代、巧妙に人を操る言葉を気鋭の言語哲学者がユーモラスに解明する。
▼國分功一郎氏推薦――「ジェニファー・ソールは言葉の政治的効果に名を与えるための新しい理論的道具を我々にもたらしてくれた」

嘘をつくことと、ミスリードして意図的に誤解させることには、倫理的にどんな違いがあるのだろうか。
日常会話から政治における嘘や欺瞞、人種差別の発話まで、多くの事例を読み解き、言葉による印象・感情操作のメカニズムを明らかにする。
海外メディアで話題となった「犬笛」戦術を分析した論文も収録。政治家や差別主義者が、“暗示的に” バイアスや偏見をあおる巧妙な仕組みを詳らかにする。

國分功一郎氏による推薦文全文
――無数の仮定を立てて言葉を論じる言語理論でも、社会情勢を直接に批判するラディカルな政治哲学でもない。統計やジャーナリズムでもなければ、社会的無意識を扱う応用精神分析でもない。ジェニファー・ソールは言葉を唯物論的な次元で捉えつつ、その政治的効果に名を与えるための新しい理論的道具を我々にもたらしてくれた。

目次

序 文

第1章 嘘をつくとはどういうことか
 1 「言うこと saying」とは何か
 2 嘘をつく人は「言われていること」が誤りだと信じていないといけ
 ないのか
 3 「言われていること」は誤りでなければならないのか
 4 欺く意図は何か、それをどう表現するか
 5 欺く意図を定義に組み込むことに反対の立場
 6 「保証 warrant」を定義に加える
 7 最後に残ったやっかいな問題

第2章 「言われていること」をめぐる議論
 1 背景と舞台設定
 2 「言われていること」の「非制約的な概念」
 3 「言われていること」の「制約的な概念」
 4 「言われていること」の「厳格な概念」

第3章 「言われていること」とは何か
 1 問題の分析
 2 文脈による寄与をどこまで許容するか
 3 結 論

第4章 嘘は本当にミスリードより悪いのか
 1 明確にすべき問題点
 2 主張Mへの反例
 3 無効にできる(defeasible)主張とは何か
 4 代替案
 5 複雑な代替案

第5章 さまざまな「欺瞞」を読み解く
 1 これまでのまとめ
 2 決疑論の策略
 3 「完成化」のケース
 4 エンパイアステートビルと、別の場所でしたジャンプ
 5 クリントンの発話と偽証罪
 6 マダガスカル人
 7 気配りと配慮
 8 聞き間違いにつけこむ
 9 文脈を無視した引用
 10 「言われていること」の他の用法

結 論

附録
犬笛、政治操作、言語哲学
 1 犬 笛
 2 意図的な犬笛
 3 意図的でない犬笛
 4 現在の理論が完全には捉えられないこと
 5 政治的な結果

 注
 訳者解題
 参考文献
 人名索引
 事項索引

著者プロフィール

ジェニファー・M・ソール  (ジェニファー エム ソール)  (

1968年生まれ。カナダのウォータールー大学教授、イギリスのシェフィールド大学哲学科名誉教授、Implicit Bias and Philosophy Research Network所長。専門は言語哲学、フェミニズム哲学、心理学の哲学。2011年Distinguished Woman Philosopher賞を受賞。言語哲学の主要概念でもある「言われていること」の研究から出発し、日常的・政治的発言による人心操作やバイアス、人種差別、性差別の分析に新しい流れを作る。Simple Sentences, Substitution, and Intuitions (Oxford University Press, 2007), Feminism: Issues and Arguments (Oxford University Press, 2003), Implicit Bias and Philosophy (2 Volumes, edited with Michael Brownstein, Oxford University Press, 2016).

小野 純一  (オノ ジュンイチ)  (

自治医科大学医学部哲学研究室講師。専門は哲学・思想史。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)(東京大学)。訳書に井筒俊彦『言語と呪術』(安藤礼二監訳、慶應義塾大学出版会、2018年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。