版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ショスタコーヴィチとスターリン ソロモン・ヴォルコフ(著/文) - 慶應義塾大学出版会
..

ショスタコーヴィチとスターリン

四六判
560ページ
定価 5,800円+税
ISBN
9784766424997
Cコード
C3022
専門 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-06-03 読売新聞  朝刊
評者: 三浦瑠麗(東京大学講師、国際政治学者)
2018-06-03 読売新聞  朝刊
評者: 塚谷裕一(東京大学教授、植物学者)

紹介

天才芸術家と独裁者の奇妙な「共犯」関係を暴きだす

ソヴィエト社会主義時代、独裁者スターリンにたいし抵抗とも服従ともいいがたい両義的な態度をとったショスタコーヴィチ。彼が生み出した作品もまた、時にプロパガンダ風であり、時に反体制的であるような二重性を帯びていた。
著者ヴォルコフは、ショスタコーヴィチ再評価の機運をつくった前著『ショスタコーヴィチの証言』刊行四半世紀を経て、歴史的裏付けをとりつつ、独自の手法により作曲家の実像にさらに迫ろうと試みている。本書では、内面的なジレンマを抱えながらも、スターリンと直接わたりあうショスタコーヴィチを、ロシア史上の独特の人格、聖愚者(ユローディヴィ)に見立て、権力者との対峙の仕方を詳細に分析しているのである。
スターリンは冷酷な顔をもつと同時に、芸術を愛する独裁者でもあった。しかし単に芸術家を庇護したわけではなく、彼らを国家的プロパガンダに利用し、弾圧した。パステルナーク、マンデリシターム、ブルガーコフ、エイゼンシュテイン、ゴーリキー、プロコーフィエフ……同時代の芸術家との関わりのなかで、ショスタコーヴィチは全体主義と芸術の相克をどのように乗り越えようとしたのか、スリリングに描き出していく。

目次

序文

プロローグ 皇帝と詩人

第一章 幻影と誘惑

第二章 一九三六年――原因と結果

第三章 一九三六年――スフィンクスの目前で

第四章 皇帝の慈悲

第五章 戦争――憂慮と大勝利

第六章 一九四八年――「あらゆる場所に目を光らせ、敵を根絶せよ!」

第七章 断末魔の痙攣と皇帝の死

エピローグ スターリンの陰に


英語版出典註
人名解説
訳者あとがき 亀山郁夫
索引

著者プロフィール

ソロモン・ヴォルコフ  (エスオーエルオーエムオーエヌ ブイオーエルケーオーブイ)  (著/文

ソロモン・ヴォルコフ
1944年、旧ソ連タジク共和国生れ。アメリカを拠点として活躍する音楽学者・ロシア文化史家・ジャーナリスト。1959年、レニングラード音楽院付属特別音楽学校入学。レニングラード音楽院卒業後、雑誌『ソヴィエト音楽』の編集員を務める。1976年、アメリカに亡命。著作に『ショスタコーヴィチの証言』(中央公論社、1980年)、『チャイコフスキー わが愛』(新書館、1993年)、『ロシアから西欧へ――ミルスタイン回想録』(春秋社、2000年)など。

亀山 郁夫  (カメヤマ イクオ)  (翻訳

亀山 郁夫
名古屋外国語大学学長。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。
著作に、『磔のロシア――スターリンと芸術家たち』(岩波現代文庫、2001年)、『熱狂とユーフォリア――スターリン学のための序章』(平凡社、2003年)など。

梅津 紀雄  (ウメツ ノリオ)  (翻訳

梅津 紀雄
工学院大学教育推進機構非常勤講師。東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学。
著作に、『ショスタコーヴィチ――揺れる作曲家像と作品解釈』(東洋書店、2006年)、「芸術音楽から見たソ連――雪どけ期のショスタコーヴィチを中心に」(浅岡善治・中嶋毅責任編集『ロシア革命とソ連の世紀4 人間と文化の革新』岩波書店、2017年)など。

前田 和泉  (マエダ イズミ)  (翻訳

前田 和泉
東京外国語大学大学院准教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
著作に、『マリーナ・ツヴェターエワ』(未知谷、2006年)、訳書に、リュドミラ・ウリツカヤ『通訳ダニエル・シュタイン』(新潮社、2009年)など。

古川 哲  (フルカワ アキラ)  (翻訳

古川 哲
東京外国語大学・共立女子大学非常勤講師。東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程修了。
著作に、「プラトーノフ『土台穴』における動物と人間のあいだ」(『総合文化研究』第14-15合併号、2011年)、「『エーテルの道』から『ジャン』へ――1920~30年代のプラトーノフ作品にみられる人間と自然の関係における変化をめぐって」(『ロシア・東欧研究』第42号、2013年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。