版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
サイバーナイフで治療する脳・頭蓋骨・頭蓋底・脊椎のがん転移=腫瘍の制御・縮小と症状の改善・回復を目指す= 宮﨑紳一郎(著/文) - 近代セールス社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784765021937

サイバーナイフで治療する脳・頭蓋骨・頭蓋底・脊椎のがん転移=腫瘍の制御・縮小と症状の改善・回復を目指す= (サイバーナイフデチリョウスルノウ・ズガイコツ・トウガイコツ・トウガイテイ・セキツイノガンイテン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5判
96ページ
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-7650-2193-7   COPY
ISBN 13
9784765021937   COPY
ISBN 10h
4-7650-2193-9   COPY
ISBN 10
4765021939   COPY
出版者記号
7650   COPY
Cコード
C2033  
2:実用 0:単行本 33:経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年10月8日
書店発売日
登録日
2020年9月2日
最終更新日
2020年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

サイバーナイフによる定位放射線治療シリーズの第7弾!
 本書は、脳、頭蓋骨、頭蓋底、脊椎の各部位の転移性がん病巣の治療において、比較的がん転移のサイズ、体積が大きく、従来は手術での治療が必要と考えられてきた病変について、サイバーナイフによる治療例を取り上げています。

 定位放射線治療は、サイバーナイフの開発により、動態追尾、画像誘導の方法が考案、採用されたことで、治療できる部位は、脳から頭頸部、体幹部全体に拡がりました。治療は可能な限り病変を正確にとらえ、周辺の温存すべき正常組織を守りつつ、丁寧に分割して行うものです。そして「画像上確認できないものは予防的に照射しない」すなわち、予防的な治療に配慮しないという原則に沿って実行されています。

 本書は、定位放射線治療によるがん治療が“道具”の工夫と開発により脳転移の治療から、次第に頭蓋骨、頭蓋底、脊椎のがん転移へと応用されていることに興味を持たれた方々の、理解を助ける材料となることを目指しています。

目次

第Ⅰ部 脳・頭蓋骨・頭蓋底・脊椎のがん転移とサイバーナイフ治療

 1.脳・頭蓋骨・頭蓋底・脊髄・脊椎の仕組み
 2.転移性脳腫瘍、頭蓋骨・頭蓋底転移、脊椎転移
 3.サイバーナイフによる定位放射線治療
 4.サイバーナイフの治療実績
 Column 1 サイバーナイフの開発者;ジョン・アドラー教授からのメッセージ

第Ⅱ部 転移性腫瘍へのサイバーナイフ治療
 第1章 脳への転移、転移性脳腫瘍
  1.小脳、脳幹部への転移性腫瘍の治療
  症例①転移性小脳腫瘍
  (小細胞肺がんの小脳転移/乳がんの小脳転移)
  症例②転移性脳幹部腫瘍
  (小細胞肺がんの転移性脳幹部腫瘍(橋)/肺腺がんの転移性脳幹部腫瘍(延髄))
  2.症候性脳転移の治療
  症例①それぞれの部位の症候性脳転移
  (肺腺がんの前頭部などの多発脳転移/子宮体がんの右前頭頭頂葉の転移性脳腫瘍/乳がんの左前頭葉運動領の転移性脳腫瘍/子宮体がんの右前頭葉運動領の皮質下転移/乳がんの右後頭葉の硬膜下転移(全9症例)
  症例②各種の原発がんからの転移性脳腫瘍
  (肺扁平上皮がんの第3脳室転移/腎がんの左前頭葉(運動領)転移/甲状腺濾胞がんの左前頭葉転移/甲状腺乳頭がんの左前頭葉転移/肝臓がんの右後頭葉転移/乳がんの右後頭葉転移)(全11症例)
  症例③のう胞性の転移性脳腫瘍や脳室内の転移性脳腫瘍
  (卵巣がんの転移性脳腫瘍/乳がんの大きな転移性脳腫瘍)
  症例④転移性脳下垂体腫瘍
  (甲状腺濾胞がんの脳下垂体転移/耳下腺がんの脳下垂体転移)
 Column 2 放射線脳壊死とアバスチンの効果

 第2章 頭蓋骨・頭蓋底転移と頭蓋外より連続して進展するがん
  症例①頭蓋骨への転移
  (乳がんの頭蓋骨転移/甲状腺濾胞がんの頭蓋骨転移/子宮体がんの術後頭蓋骨転移)
  症例②頭蓋底への転移
  (肺腺がんの眼窩部転移/腺様嚢胞がんの眼窩部転移/肺扁平上皮がんの頭蓋底転移(眼窩内への浸潤)/甲状腺乳頭がんの傍鞍部転移/トルコ鞍部の神経内分泌腫瘍/蝶形骨洞よりトルコ鞍部のがん肉腫/乳がんの海綿静脈洞部転移/腺様嚢胞がんの三叉神経ガッセル節部への進展)(全13症例)
  症例③頭蓋外の隣接するがんが連続して頭蓋底に進展したがん
  (蝶形骨洞がんのトルコ鞍上部進展/上咽頭がんの頭蓋底斜台進展/嗅神経芽細胞腫の頭蓋底進展/上咽頭がんの頭蓋底斜台進展)
  症例④頭蓋底に隣接するがん転移
  (甲状腺乳頭がんの右ルビエールリンパ節転移/甲状腺乳頭がんの左ルビエールリンパ節転移/肺腺がんの転移性頸髄腫瘍)
  Column 3 錐体斜台部の頭蓋底転移、外転神経麻痺とドレロ管
  Column 4 サイバーナイフの少数回分割定位放射線治療

第3章 脊椎、脊髄神経に転移したがん
  (乳がんの頸椎転移/乳がんの腰椎転移/子宮頸がんの胸椎転移/腎がんの胸椎転移/肺腺がんの胸椎転移)

著者プロフィール

宮﨑紳一郎  (ミヤザキシンイチロウ)  (著/文

1978年順天堂大学医学部卒業。新百合ヶ丘総合病院放射線治療科サイバーナイフ診療部部長。15年前より定位放射線治療に専従し、2012年8月から2020年8月までの治療例は10,000例を超える。

福島孝徳  (フクシマタカノリ)  (著/文

1968年東京大学医学部卒業。カロライナ頭蓋底手術センター所長、デューク大学脳神経外科教授。「神の手を持つ男」と呼ばれ、頭蓋底の鍵穴手術法を確立した第一人者。

上記内容は本書刊行時のものです。