版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
個体群生態学と行列モデル 島谷 健一郎(著/文) - 近代科学社
..

書店員向け情報 HELP

個体群生態学と行列モデル 統計学がつなぐ野外調査と数理の世界

自然科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:近代科学社
A5判
160ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-7649-0652-5   COPY
ISBN 13
9784764906525   COPY
ISBN 10h
4-7649-0652-X   COPY
ISBN 10
476490652X   COPY
出版者記号
7649   COPY
Cコード
C3341  
3:専門 3:全集・双書 41:数学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年6月30日
書店発売日
登録日
2022年5月26日
最終更新日
2022年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

【線形代数で、希少動物の生存可否を見極める!】

 統計スポットライト・シリーズ第5巻となる本書は、個体群(ある同種の動物もしくは植物の集団)の生息数の推移を「個体群行列モデル」で予測する方法を解説する。このモデルにより、野外調査で得られる個体数データから希少動物の生存の可否などが予測可能になる。
 このモデルで使う数学は線形代数の基礎に限られ、その都度丁寧に説明するため数学が苦手な読者でも挫折しにくい。また、現実的な個体数推移を保証するために仮定する、生態学を基にした統計推論についても適宜解説する。統計ソフトRによる計算結果も一部掲載。

目次

第1章 シミュレーションで数式を用いる恩恵を知る
第2章 生物集団の野外調査データと生活史の図式化
第3章 個体群行列と3 つの基本統計量
第4章 行列要素の推定法1:統計モデルと最尤法
第5章 環境条件の効果を見る1――感度分析の基礎
第6章 行列要素の推定法2:ベイズ統計とランダムなサンプル
第7章 環境条件の効果を見る2――感度分析の発展(生命表反応解析(LTRE解析))

著者プロフィール

島谷 健一郎  (シマタニ ケンイチロウ)  (著/文

統計数理研究所 准教授

高田 壮則  (タカダ タケノリ)  (著/文

北海道大学 名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。