版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
細胞膜計算 西田 泰伸(著/文) - 近代科学社
..
ナチュラルコンピューティング・シリーズ 第4巻

細胞膜計算

発行:近代科学社
A5判
縦217mm 横157mm
200ページ
定価 4,500円+税
ISBN
9784764905689
Cコード
C3350
専門 全集・双書 工学・工学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年5月5日
最終更新日
2018年5月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ナチュラルコンピューティング・シリーズとは・・・
「ナチュラル・コンピューティング:NC」は,物理学・化学・生物学・情報科学等に関する広範な知識やアイデアを用いて新しい計算理論や方式の開拓を目指す分野である.

第4巻は、細胞膜をモデル化する!
第4巻となる本書『細胞膜計算』では,細胞膜(システム)を使った計算機構の仕組みと可能性、応用などを論じる。
膜は細胞という「領域」を作り出し、その内外で起きる「化学反応」を各領域に制限する役割を持つほか、膜内外の物質の「輸送」を制御する。この「領域」「化学反応」「輸送」を、「プロセッサ」や「演算」などの概念に読み替えたものが細胞膜計算である。
本書では、この計算機構の数理的側面(どうやって計算するか、どんな特徴・可能性があるか)を解説するとともに、自然システムにこの計算を適用する試みや、既存の計算機では難しいNP困難問題等に威力を発揮することなどにも触れる。

目次

1.なぜ細胞膜計算か
2.計算の理論に関する準備
3.膜計算の可能性――オブジェクト書き換え型
4.膜計算の可能性――輸送型Pシステム
5.膜計算の可能性――並列性を生かす
6.組織PシステムとスパイキングニューラルPシステム
7.Pシステムの応用1:光合成のモデル
8.Pシステムの応用2:膜アルゴリズム

著者プロフィール

西田 泰伸  (ニシダ ヤスノブ)  (著/文

西田 泰伸:富山県立大学工学部 准教授

萩谷 昌巳  (ハギヤ マサミ)  (編集

萩谷 昌巳:東京大学教授

横森 貴  (ヨコモリ タカシ)  (編集

横森 貴:早稲田大学 教授

上記内容は本書刊行時のものです。