版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
言語聴覚士のための パーキンソン病のリハビリテーションガイド 杉下周平(編集) - 協同医書出版社
..

言語聴覚士のための パーキンソン病のリハビリテーションガイド 摂食嚥下障害と発話障害の理解と治療

B5判
160ページ
定価 3,400円+税
ISBN
9784763930569
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年7月10日
書店発売日
登録日
2019年6月17日
最終更新日
2019年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆パーキンソン病患者のリハビリテーションを行う言語聴覚士に必要な知識と技術を40の項目に凝縮! ◆

パーキンソン病患者の摂食嚥下障害と発話障害に対して、言語聴覚士がリハビリテーションを行うために必要とされる最新知識と評価、検査、訓練法についてわかりやすく紹介しています。

パーキンソン病の知識については、病態、薬剤、リハビリテーション、外科的治療、栄養、認知症、解剖について、それぞれの専門家が解説しています。
摂食嚥下障害と発話障害に対する言語聴覚士のリハビリテーションについては、具体的な訓練や評価法など、臨床において必要とされる情報を網羅しています。最新の情報についても、臨床で活用できる情報を数多く紹介しています。

パーキンソン病患者に最良のリハビリテーションを届けたい。そう考える言語聴覚士にとって必読の一冊です。

目次

第I章 パーキンソン病の基礎知識
 1.パーキンソン病の概論〈坪井 崇〉
 2.パーキンソン病の治療薬〈岡本 禎晃〉
 3.パーキンソン病のリハビリテーション〈吉野 孝広〉
 4.パーキンソン病の外科的治療〈松井 利浩〉
 5.パーキンソン病と栄養〈西村 卓士〉
 6.パーキンソン病と認知症〈片岡 政子〉
 7.嚥下および発話に関連する口腔の解剖と機能〈河合 利彦〉
 8.嚥下および発声発語に関連する喉頭の解剖と機能〈折舘 伸彦〉
 9.パーキンソン病と関連疾患の嚥下障害と発話障害〈古西 隆之〉

第II章 パーキンソン病の摂食嚥下障害
1.摂食嚥下障害の評価
 10.パーキンソン病の嚥下障害の特徴〈杉下 周平〉
 11.薬剤服用時,服用後の注意点と対処法〈宮田 恵里〉
 12.嚥下機能の評価法-パーキンソン病に有効な問診とスクリーニング法〈池野 雅裕〉
 13.呼吸機能の評価法〈永見 慎輔〉
 14.嚥下造影検査の定量評価と訓練立案〈今井 教仁〉
 15.頸部聴診法-実施手順から病態の推定まで〈上根 英嗣〉
2.摂食嚥下訓練
 16.筋力増強に必要な基礎知識〈新村 秀幸〉
 17.呼吸,体幹,頸部筋ストレッチの方法〈山本 裕子〉
 18.低栄養のパーキンソン病患者に対する嚥下訓練〈今井 教仁〉
 19.嚥下訓練に応用できる呼吸訓練手技〈福岡 達之〉
 20.嚥下障害に対する神経筋電気刺激の効果〈永見 慎輔〉
 21.音リズム刺激を用いた嚥下訓練-メトロノーム訓練〈杉下 周平〉
 22.パーキンソン病の咀嚼と咬合の作用〈河合 利彦〉
 23.代償嚥下の理解-代償嚥下法とその選択に必要な知識と留意点〈池野 雅裕〉
 24.嚥下動作を引き出すポジショニングの考え方〈石本 寧〉
 25.パーキンソン病の誤嚥性肺炎予防のケア〈友成 恭子〉
 26.嚥下食の知識〈辻 秀治〉

第III章 パーキンソン病の発話障害
1.パーキンソン病の発話特徴
 27.聴覚的な発話特徴〈田中 康博〉
 28.音響学的な特徴〈飯高 玄〉
 29.コミュニケーション障害/音声障害の心理社会的問題〈福永 真哉〉
 30.脳深部刺激療法〈DBS〉後の発話の変化や留意事項〈田中 康博〉
2.パーキンソン病の発話訓練
 31.パーキンソン病の発話の評価と治療における留意事項〈田中 康博〉
 32.LSVT LOUD®-その理論と治療法〈荻野 智雄,飯高 玄〉
 33.新しい発話治療法とその考え方-SPEAK OUT!®〈荻野 智雄〉
 34.その他の発話治療法〈田中 康博〉
 35.呼吸機能の新たなアプローチ-ブテイコ療法〈レビット 順子〉
 36.発声機能の新たなアプローチ-マニュアル療法を中心に〈レビット 順子〉
 37.口腔構音機能の新たなアプローチ〈関 道子〉
 38.パーキンソン病の発話速度の調節訓練〈福永 真哉〉
 39.補助手段の活用と環境調整〈田中 まゆ〉
 40.般化に向けた臨床上の工夫〈田中 康博〉

上記内容は本書刊行時のものです。