版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「核なき世界」を願って 長曽我部 久 (著/文) - 花伝社
..
詳細画像 0 詳細画像 1
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

「核なき世界」を願って (カクナキセカイヲネガッテ) 消えゆく被爆者の祈り (キエユクヒバクシャノイノリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花伝社
46
162ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-7634-2098-5   COPY
ISBN 13
9784763420985   COPY
ISBN 10h
4-7634-2098-4   COPY
ISBN 10
4763420984   COPY
出版者記号
7634   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年11月23日
最終更新日
2024年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

被爆者として核兵器の惨禍を語り継ぎ、
その思いを次世代につなぐために――

原爆の悲劇を、被害者団体の先頭に立ち世界に発信し続けてきた著者が語る、戦争の実相。広島での被爆と戦後を生き抜いた実体験をもとに、戦争のリアリティが風化しつつある現代日本の課題、そして平和への道を提言する。

序文・猪飼隆明(大阪大学名誉教授)

目次

まえがき
一  原子爆弾の開発
二  原子爆弾投下
三  原爆被害秘匿の影響
四  被爆者補償の実状
五  世界の核意識の変化
六  ウクライナショックとは
七  核兵器使用は防げるか
八  日本の役割と責任
九  地域共同防衛体制の推進
十  核兵器禁止条約の推進
十一 平和学習のあり方
十二 学生と先生からの感想文
十三 終わりに
あとがき
友人・知人からの感想文

著者プロフィール

長曽我部 久   (チョウソカベヒサシ)  (著/文

1936年 朝鮮京城府生れ(現ソウル)  87歳
一歳で平壌(現ピョンヤン) 五歳で広島移住
1945年8月6日 広島原爆で父を失う。入市被爆
2010年 熊本市原爆被害者の会会長
2014年 熊本県原爆被害者団体協議会会長
2016年 日本原水爆被害者団体協議会九州ブロック代表理事
2019年     〃     6月監査役就任 後退任
2024年現在 毎年学生の「平和学習」講師を継続          
著作         
2009年 評論「荒廃への警鐘」熊本県民文芸賞評論・ノンフィクションの部一席受賞
2014年  著書出版『世界的視点での「脱原発論」日本のとるべき道』(トライ出版)オックスフォード大学ボドリアン図書館、ケンブリッジ大学図書館、東大駒場、東北大図書館などに収蔵
2016年 DVD「これは雲ではない」を発刊 世界に発信
2019年 英文「原爆投下の真実」発刊
2020年 著書出版「核兵器・宇宙戦争 岐路に立つ日本」(トライ出版)オックスフォード大学ボドリアン図書館に収蔵

上記内容は本書刊行時のものです。