版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
デジタル馬鹿 ミシェル・デミュルジェ(著/文) - 花伝社
..

書店員向け情報

9784763409720

デジタル馬鹿

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花伝社
A5判
308ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7634-0972-0   COPY
ISBN 13
9784763409720   COPY
ISBN 10h
4-7634-0972-7   COPY
ISBN 10
4763409727   COPY
出版者記号
7634   COPY
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月24日
最終更新日
2021年6月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

フランスでベストセラーとなった問題作
2019年度フェミナ賞受賞
膨大な研究データから導きだされる、現代人の危機
大量の「画面」が生んだデジタルネイティブは、“新人類”か“馬鹿”か



リモート授業、1人1台のコンピュータ、デジタル教科書……
教育のデジタル化=「GIGAスクール構想」は何をもたらすのか

加速するDX(デジタル・トランスフォーメーション)推進の時代に問う、警告の書!


認識神経科学の専門家である著者・ミシェル・デミュルジェが、世界中の1800点余りの文献を元に、科学的に実証されたデジタルの悪影響の数々を明確に提示する。

・スマホ画面が見えるだけで、人の集中力は6分以下しか持たない
・教育ビデオは無意味、講義に関するものも悪影響
・1時間のスマホで8人に成績順位を抜かれる
・デジタル教育の効果があるのは上位5%だけ
……など、デジタル推進派には驚きの研究結果が並ぶ。
新型コロナ感染拡大による前倒しも検討されている日本の「GIGAスクール構想」を考える上でも必読。

最終章ではデジタルとの付き合い方、子どものいる家庭で取り組めることを「七つのルール」にまとめて提示。教育関係者からデジタルに囲まれて暮らす現代人、子育て中の方まで。
フランスで8万5000部売れたベストセラー(フェミナ賞特別賞)。

目次

プロローグ 「デジタル革命」はチャンスか

第一部 デジタルネイティブ神話
第二部 使用法
第三部 影響力――デジタルに育てられた若者たち
    教育――「画面」は成績を上げるか
    発達――人間関係、言語、集中力
    健康――もろい器械としての脳

エピローグ 基本的な七つのルール

著者プロフィール

ミシェル・デミュルジェ  (ミシェルデミュルジェ)  (著/文

1965年生まれ。専門は認識神経科学。フランス国立学術センター研究員、同国立衛生医学研究所所長を歴任。米国に約8年間滞在、マサチューセッツ工科大学やカリフォルニア大学など多くの大学で研究。
著書に『テレビ・ロボトミー──テレビの影響に関する科学的な真実』(2012年)、『アンチ食事療法、健康的に痩せる』(2015年)があり、いずれもベストセラーに。

鳥取絹子  (トットリキヌコ)  (翻訳

1947年、富山県生まれ。フランス語翻訳家、ジャーナリスト。お茶の水女子大卒。出版社勤務の後、1972~74年パリ滞在。帰国後フリーライターとして、おもに女性雑誌などで人物取材・ルポ記事を書くほか、シャンソンの対訳や翻訳をする。近年はフランス語の書籍の翻訳に主力をおき、企画提案からたずさわる。
著書に、『星の王子さま――隠された物語』(2014年、KKベストセラーズ)など多数。訳書に、『資本主義って悪者なの?』(2019年、CCCメディアハウス)、『理不尽な国 ニッポン』(2020年、河出書房新社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。