版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ウサギと化学兵器 いのうえ せつこ(著/文) - 花伝社
..

ウサギと化学兵器 日本の毒ガス兵器開発と戦後

発行:花伝社
四六判
176ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784763409256
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月10日
最終更新日
2020年4月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アジア太平洋戦争末期、父が連れ帰った一羽のかわいいウサギ。
「セッコのウサギ」と名付けられるものの、ある朝突然姿を消してしまう……

「私のウサギを返して!」
戦時下に消えたウサギを追いかけるうち、
思いがけず戦前日本の化学兵器開発とその傷痕を辿ることに――

知られざる化学兵器開発の「その後」と、現代にまで及ぶ被害の実相

目次

第一章 相模海軍工廠
第二章 「大久野島 毒ガス工場」
第三章 登戸研究所と七三一部隊
第四章 遺棄された化学兵器

著者プロフィール

いのうえ せつこ  (イノウエセツコ)  (著/文

いのうえせつこ
本名井上節子。岐阜県大垣市1939年生まれ。横浜市在住。県立大垣北高校・京都府立大学卒。子ども、女性・平和などの市民運動を経て女性の視点で取材・執筆・講演活動。フリーライター。一般社団法人審査センター諮問委員。一般社団法人AV人権倫理機構監事。NPO法人精舎こどもファンド代表。NPO法人あんしんネット代表。
著書として、『地震は貧困に襲いかかる――阪神・淡路大震災の死者6437人の叫び』(花伝社)、『女たちの辞世の句――色此岸から夢彼岸へ』(環境デザイン研究所)、『女子挺身隊の記録』『占領軍慰安所――敗戦秘史 国家による売春施設』『子ども虐待――悲劇の連鎖を断つために』『女性への暴力――妻や恋人への暴力は犯罪』『高齢者虐待』『多発する少女買春―子どもを買う男たち』『AV産業――一兆円市場のメカニズム』『買春する男たち』『新興宗教ブームと女性』『帰ってきた日章旗――ある二等兵の足跡・太平洋戦争再考』(新評論)、『主婦を魅する新宗教』『結婚が変わる』(谷沢書房)、『海と緑の女たち――三宅島と逗子』(社会評論社)、『78歳 ひとりから』(私家版)。ほか共著多数。

上記内容は本書刊行時のものです。