版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
博論日記 ティファンヌ・リヴィエール(原著) - 花伝社
..

博論日記

発行:花伝社
A5判
192ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784763409232
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年3月27日
最終更新日
2020年4月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-06-13 毎日新聞  朝刊
評者: 仲俣暁生(文芸評論家)

紹介

「その研究、何の役に立つの?」
「で、まだ博論書いてるの?」
世界中の若手研究者たちから共感の嵐!
高学歴ワーキングプアまっしぐら⁉な文系院生が送る、笑って泣ける院生の日常を描いたバンド・デシネ

フランスでベストセラー! 英米、ドイツ、イタリア、スペイン、アラビア語圏、中国など各国で翻訳出版された話題図書!

推薦・高橋源一郎「若きカフカ研究家ジャンヌよ、「博論」というライトセーバーで、この不条理な世界を叩っ切れ!」

著者プロフィール

ティファンヌ・リヴィエール  (ティファンヌリヴィエール)  (原著

博士課程にてアルバート・コーエンの『選ばれた女』における「愚かさ」の表象について研
究。その間、パリ・ソルボンヌの大学で事務員として働く。のちにブログ「ソルボンヌ事務
所14」を開設。バンド・デシネ作家としての活動を始め、博士課程は中退している。
2015 年に自身の博士課程における経験を元にした、自伝ともいえる本書『Carnet de thèse』
を出版。2019 年、自身の博士論文において定義した12 の「愚行」を描いた『Invasion des
imbéciles』の第一巻を出版。

中條 千晴  (チュウジョウチハル)  (翻訳

1985年生まれ、フランス・リヨン在住。博士号。 ポピュラー音楽・ジェンダー研究。翻訳家でもある。著
訳に「ポスト・フォーディズムのジェンダー」(アンジェラ・マクロビー、和訳)、その他
『Orange』(高野苺)や『Perfect World』(有賀リエ)含む日本の漫画の仏訳多数。2018 年
小西財団日本漫画翻訳賞ノミネート。

上記内容は本書刊行時のものです。