版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
シベリア出兵 広岩 近広(著) - 花伝社
.

シベリア出兵 「住民虐殺戦争」の真相

発行:花伝社
四六判
160ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-7634-0876-1
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年1月25日
書店発売日
登録日
2018年12月28日
最終更新日
2018年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

知られざるシベリア出兵の謎
1918年、ロシア革命への干渉戦争として行われたシベリア出兵。
実際に起こったのは、極限状態の日本軍兵士によるロシアの村落焼き討ちと、
赤軍パルチザンによる日本の居留民への虐殺だった――
「外交上まれにみる失政の歴史」「忘れられた7年戦争」と言われるシベリア出兵(戦争)とはなんであったのか。シベリア抑留生存者が出会った〈戦争〉の実態。

目次

はじめに
第一章  イワノフカ事件──加害のロシア人集落焼き討ち
第二章  田中大隊の全滅──復讐心をあおった軍国美談
第三章  「拡大派兵」の強行──傀儡政権の樹立を策動
第四章  日本兵の懊悩(おうのう)──本当の敵は誰なのか
第五章  尼港事件──被害の日本人集落焼き討ち
おわりに
主な引用文献

版元から一言

「忘れられた7年戦争」と言われるシベリア出兵(戦争)とはなんであったのか。シベリア抑留生存者が出会った〈戦争〉の実態。

著者プロフィール

広岩 近広  (ヒロイワ チカヒロ)  (

1950年大分県生まれ。1975年に毎日新聞社に入社、大阪本社編集局次長を経て2007年から専門編集委員に就任し原爆や戦争を取材・執筆。第22回坂田記念ジャーナリズム賞を受賞。2016年から客員編集委員
主な著作
「被爆アオギリと生きる―語り部・沼田鈴子の伝言」(岩波ジュニア新書、2013年)
インタビュー集「わたしの<平和と戦争>」(集英社、2016年)

上記内容は本書刊行時のものです。