版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わたしが「軽さ」を取り戻すまで カトリーヌ・ムリス(著) - 花伝社
.

わたしが「軽さ」を取り戻すまで “シャルリ・エブド”を生き残って

発行:花伝社
A5変型判
144ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7634-0875-4
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年2月5日
書店発売日
登録日
2019年1月15日
最終更新日
2019年1月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-04-07 毎日新聞  朝刊
評者: 池澤夏樹(作家)

紹介

あの日を境に、私は「軽さ」を失った――
シャルリ・エブド襲撃事件生存者、喪失と回復の記録

2015年1月7日、パリで発生したテロ事件により12人の同僚を失うなか、
ほんのわずかな偶然によって生き残ったカトリーヌ。
深い喪失感に苛まれながらも、美に触れることによって、
彼女は自分を、その軽やかさを少しずつ取り戻す。

序文:フィリップ・ランソン(2018年フェミナ賞受賞)

ウォリンスキー賞(ル・ポワン誌主催)、ジュネーヴ・テプフェール賞受賞
アングレーム国際マンガフェスティバル作品賞候補最終ノミネート

著者プロフィール

カトリーヌ・ムリス  (カトリーヌムリス)  (

1980年生まれ。25歳のときに風刺画家のリュスとシャルブに誘われ『シャルリ・エブド』に加わり、報道マンガの世界に入る。主な作品に、『Mes Hommes de lettres(わたしの愛する文学者たち)』(2008年)、『Moderne Olympia(現代のオランピア)』(2014年)など。

大西 愛子  (オオニシ アイコ)  (

1953年、東京生まれ。フランス語翻訳・通訳。父親の仕事の都合でフランス及びフランス語圏で育つ。バンド・デシネの翻訳多数。

上記内容は本書刊行時のものです。