版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
自立的で相互依存的な学習者を育てる コレクティブ・エフィカシー ジョン・ハッティ(著) - 北大路書房
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|共栄図書|鍬谷|日教販|博文社   書店
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

自立的で相互依存的な学習者を育てる コレクティブ・エフィカシー (ジリツテキデソウゴイゾンテキナガクシュウシャヲソダテル コレクティブエフィカシー)
原書: Collective Student Efficacy: Developing Independent and Inter-Dependent Learners

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:北大路書房
四六判
272ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7628-3237-6   COPY
ISBN 13
9784762832376   COPY
ISBN 10h
4-7628-3237-5   COPY
ISBN 10
4762832375   COPY
出版者記号
7628   COPY
Cコード
C3037  
3:専門 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年11月20日
書店発売日
登録日
2023年9月8日
最終更新日
2023年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2024-01-29 日本教育新聞  
2024-01-13 英語教育  2024年2月号(第72巻第12号)
評者: 永田 岳 氏(海城中学高等学校教諭)
2023-12-25 月刊先端教育    2024年1月号
2023-11-23 全私学新聞  第2630号
MORE
LESS

紹介

「他の人と一緒に行動することで,より多くを学ぶことができる」という信念は,子どもたちの学びを力強く育む。コレクティブ・エフィカシーを最大化する条件を,学習設計から授業デザイン,アセスメントまで,ビジブルラーニング研究の確かな知見に基づき解説する。「私スキル」(知識の構築,セルフ・エフィカシー,フィードバックの授受,エージェンシー,レジリエンス等)と「私たちスキル」(共通の信念を伸ばす,社会的感受性,潜在力)の相互作用的な高まりを強調。

[原書] John Hattie, Douglas Fisher, Nancy Frey, Shirley Clarke. (2021). Collective Student Efficacy: Developing Independent and Inter-Dependent Learners. Corwin Press

■ 主な目次
0章 なぜコレクティブ・エフィカシーなのか
1章 コレクティブであることの価値
2章コレクティブ・エフィカシーになぜ注目するのか
3章 「私」スキルを伸ばす
4章 「私たち」スキルを伸ばす
5章 授業の学習設計
6章 学習のねらいとコレクティブ・エフィカシーの達成規準
7章 ペア学習とグループ学習
8章 コレクティブ・エフィカシーのアセスメント
9章 生徒のコレクティブ・エフィカシーの可能性

■ 訳者一覧
原田 信之(訳者代表):邦訳版の刊行に寄せて,0章,1章,2章,5章,訳者代表あとがき
笹山 郁生(福岡教育大学教育学部):3章
宇都宮明子(島根大学教育学部):4章,9章
石田 裕久(南山大学名誉教授):6章,8章
長濱 文与(三重大学高等教育デザイン・推進機構):7章

目次

 邦訳版の刊行に寄せて

0章 なぜコレクティブ・エフィカシーなのか

1章 コレクティブであることの価値

2章コレクティブ・エフィカシーになぜ注目するのか
 1.コレクティブ・エフィカシー
 2.教師のコレクティブ・エフィカシー
 3.生徒のコレクティブ・エフィカシー
 4.「私」スキル
 5.「私たち」スキル
 6.生徒のコレクティブ・エフィカシーにおける教師の役割
 7.コレクティブ・エフィカシーにおける生徒の役割について

3章 「私」スキルを伸ばす
 1.知識の構築
 2.セルフ・エフィカシー
 3.適切な目標への挑戦
 4.フィードバックの授受
 5.エージェンシー
 6.レジリエンス
 7.コミュニケーション・スキル
 [コラム]パイデイア法

4章 「私たち」スキルを伸ばす
 1.共通の信念(ビリーフ)を伸ばす
 2.社会的感受性
 [コラム]活動中の生徒のコレクティブ・エフィカシー1
 3.潜在力  
 [コラム]活動中の生徒のコレクティブ・エフィカシー2
 4.「私」スキルと「私たち」スキル

5章 授業の学習設計
 1.生徒のコレクティブ・エフィカシーを高める4つの鍵となる課題設計  
 2.チャレンジと動機づけの要因
 3.開かれた課題がもたらすコレクティブ・エンゲージメント  
 [コラム]数学の問題解決(9~11歳):ペアでの取り組み
 4.生徒が課題に取り組むのに十分な知識や自信、意欲をもたせる  
 5.知識とスキルについての明確化:何を知り,どのようにして知るか
 6.コネクションファクター
 [コラム]ジグソー法の実例  
 [コラム]個人ワークとグループワークに関する教師の考察と相互依存関係の達成規準の有無について:バンコクのパタナ校

6章 学習のねらいとコレクティブ・エフィカシーの達成規準
 1.学習のねらい
 [コラム]技術科の授業例(10~11歳):3,4人のグループでの取り組み  
 2.学習のねらいと達成規準
 3.効果的な相互依存関係のための達成規準:コレクティブ・エフィカシーへとつなぐ

7章 ペア学習とグループ学習
 1.効果があるのか,ないのか?
 2.ペアでの学習
 [コラム]数学の問題解決(4~5歳):ペア→ 4人→クラス全体での取り組み
 [コラム]どんなメンバーを構成し,いつメンバーを変えるか?
 [コラム]より複雑な課題におけるグループ分け
 3.グループでの学習
 4.グループの否定的意見への対処
 [コラム]技術科の授業例(10~11歳):4人での取り組み

8章 コレクティブ・エフィカシーのアセスメント
 1.再びコレクティブ・エフィカシーの達成規準について
 2.調査と振り返り
 3.アセスメントの方法
 4.個人とグループの貢献や成果への成績付与とフィードバック

9章 生徒のコレクティブ・エフィカシーの可能性

 訳者代表あとがき  
 索 引  
 文 献  

上記内容は本書刊行時のものです。