版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
発達心理学15講 高橋 一公(編著) - 北大路書房
.
詳細画像 0

発達心理学15講

発行:北大路書房
A5判
220ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7628-3057-0
Cコード
C3011
専門 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年3月20日
書店発売日
登録日
2019年1月30日
最終更新日
2019年3月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

公認心理師カリキュラムに準拠し,公認心理師試験出題基準を網羅するかたちで,好評テキストを改訂。ヒトの誕生から死までの発達プロセスを,15の講義に分けて,「発達心理学」のミニマム・エッセンスをまとめる。また,発達障害を扱う第9講を中心に,障害者支援法の改正,および新しい教職課程にも対応した。

◆主な目次
 はじめに
第1部 発達心理学の基礎と理論
 第1講 発達心理学の基礎
 第2講 発達心理学の理論Ⅰ:成長・成熟の過程
 第3講 発達心理学の理論Ⅱ:発達のプロセスと発達課題
第2部 発生から第二次性徴までの変化
 第4講 胎生期から新生児期まで:個体の発生
 第5講 乳児期の発達:個性の発現
 第6講 幼児期の機能と発達:基本的生活習慣の獲得
 第7講 幼児期の社会性:集団生活の始まり
 第8講 児童期の発達:他者との関わりを通して
 第9講 乳児期から幼児期に生じる発達に関わる問題:発達障害
第3部 疾風怒濤の時代 青年期から成人前期
 第10講 青年期の特徴と自我同一性の獲得:己を知ること
 第11講 青年期から成人期へ:キャリア発達と社会生活
 第12講 青年期以降のメンタルヘルスと精神保健
第4部 喪失の時代から超越へ
 第13講 中年期の発達と危機:人生の正午
 第14講 エイジングと心理的変化:「老い」への対応
 第15講 「死」への対応:死に対する態度と準備

目次

はじめに

第1部 発達心理学の基礎と理論

第1講 発達心理学の基礎

 1節 発達の概念
  1.発達とは何か
  2.発達の原理
  3.遺伝と環境の問題
  4.環境の影響
  5.発達研究の意味

 2節 人間発達の特殊性
  1.成長期間の長さ
  2.進化の方向性
  3.生理的早産と二次的留巣性
  4.初期経験と行動の発達
  5.生命の延長

 3節 発達段階と発達課題
  1.発達の区分と発達段階
  2.発達の課題
  3.一般的な発達区分と特徴

 コラム① 氏か育ちか


第2講 発達心理学の理論Ⅰ:成長・成熟の過程

 1節 学習理論からみた発達
  1.成熟と学習
  2.学習の型
  3.初期学習
  
 2節 認知発達理論
  1.ピアジェの認知発達理論
  2.ヴィゴツキーの認知発達理論
 
 3節 社会的関係の中での発達理論
  1.愛着理論
  2.生態学的システム理論

 コラム② ハイイロガンのマルティナ:ローレンツの比較行動学


第3講 発達心理学の理論Ⅱ:発達のプロセスと発達課題

 1節 エリクソンの心理社会的発達理論
  1.エリクソンのライフサイクル論
  2.ライフサイクルにおける課題と危機
  3.第9の段階

 2節 ライフサイクルとライフコース
  1.ライフサイクルの考え方
  2.家族周期
  3.ライフコース
  4.エルダーとクローセンのライフコース論

 3節 中年期以降の発達に関する理論
  1.成熟期以降の発達の考え方
  2.先人たちの示唆
  3.活動理論と離脱理論
  4.老年的超越

 コラム③ エリクソンの第9段階


第2部 発生から第二次性徴までの変化

第4講 胎生期から新生児期まで:個体の発生

 1節 個体発生のメカニズム
  1.受精から誕生まで
  2.性の分化
  3.神経細胞の形成

 2節 胎児への環境からの影響
  1.アルコール
  2.タバコ
  3.内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)
  4.エピジェネティックス

 3節 誕生と新生児の特徴
  1.新生児の特徴
  2.原始反射
  3.マザリングと新生児微笑

 コラム④ 出生前診断


第5講 乳児期の発達:個性の発現

 1節 乳児期の特徴と身体的発達
  1.乳児期の特徴
  2.乳児期の身体的発達

 2節 乳児期の認知的発達
  1.視覚
  2.聴覚
  3.その他の感覚
  4.感覚間の協応
  5.記憶能力

 3節 対人関係の始まりと母子関係
  1.愛着の形成
  2.他者とのやりとり

 コラム⑤ 児童虐待(Child abuse)

第6講 幼児期の機能と発達:基本的生活習慣の獲得

 1節 生活習慣
 2節 知能と認識の発達
  1.知能とは
  2.知能の測定
  3.知能の発達
  4.幼児期の認知の特徴

 3節 情動の発達
  1.情動とは
  2.情動の発達過程

 コラム⑥ 非認知能力


第7講 幼児期の社会性:集団生活の始まり

 1節 ことばの発達
  1.ことばとは
  2.前言語的コミュニケーションの発達
  3.音声言語の発達
  4.語彙の発達
  5.単語から文への発達

 2節 社会性の発達
  1.親子関係から仲間関係へ
  2.社会性の発達
  3.心の理論
  4.遊びの発達

 コラム⑦ 社会脳

第8講 児童期の発達:他者との関わりを通して

 1節 児童期の身体的変化と特徴
  1.身体的発達
  2.運動機能の発達

 2節 学校生活の始まり
  1.学習の始まり
  2.思考の発達
  3.道徳性の発達

 3節 対人関係の発達
  1.遊びの発達
  2.対人関係の発達
  3.社会的スキルの発達

 コラム⑧ 自己肯定感

第9講 乳児期から幼児期に生じる発達に関わる問題:発達障害

 1節 発達障害
  1.発達障害とは
  2.知的能力障害
  3.コミュニケーション症(コミュニケーション障害)
  4.自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)
  5.注意欠如・多動症(注意欠如・多動性障害)
  6.学習症(学習障害)
  7.運動症(運動障害)
  8.発達障害による二次的障害

 2節 胎児期から新生児期に起こる発達上の問題
 3節 合理的配慮とユニバーサルデザイン

 コラム⑨ 発達障害者支援法と特別支援教育


第3部 疾風怒濤の時代 青年期から成人前期

第10講 青年期の特徴と自我同一性の獲得:己を知ること

 1節 身体的成熟と精神的未成熟
  1.青年期の身体的成熟
  2.青年期の認知的発達と第二反抗期
  3.青年期の終了

 2節 アイデンティティの獲得と危機
  1.アイデンティティとは何か
  2.アイデンティティの拡散とモラトリアム
  3.アイデンティティ・ステイタス

 3節 青年期の人間関係と恋愛
  1.思春期・青年期の友人関係
  2.友人関係の特徴
  3.現代青年の友人関係の希薄さ
  4.青年期の発達課題と恋愛
  5.青年期の恋愛意識

 コラム⑩ 性同一性障害と LGBT

第11講 青年期から成人期へ:キャリア発達と社会生活

 1節 成人期の発達課題
  1.成人期の発達課題と自己
  2.現代社会における成人期の課題

 2節 職業選択と社会生活の開始
  1.キャリアとキャリア教育
  2.スーパーのキャリア発達の理論
  3.その他のキャリア発達理論
  4.現代の就職事情
  5.就労における男女間の差

 3節 家族の形成と社会的役割の獲得
  1.家族とは
  2.家族の形成と青年
  3.家族の発達と役割の変化

 コラム⑪ キャリア・カウンセリングとは

第12講 青年期以降のメンタルヘルスと精神保健

 1節 思春期・青年期の問題行動
  1.青年期の問題行動
  2.学校における問題行動の現状

 2節 青年期の発達と精神病理
  1.青年期の不適応状態
  2.現代の青年期における精神病理

 3節 成人期の危機と職場のメンタルヘルス
  1.職場不適応とその背景
  2.ストレスとバーンアウト
  3.職場におけるメンタルヘルス

 コラム⑫ 新型うつ病


第4部 喪失の時代から超越へ

第13講 中年期の発達と危機:人生の正午

 1節 中年期の発達課題
  1.中年期とは
  2.中年期の発達課題
  3.レビンソンのライフサイクル論
  4.中年期の課題と危機

 2節 中年期のライフイベント
  1.子どもの独立
  2.中年期と社会
  3.中年期以降の夫婦関係
  4.定年退職と家族関係

 3節 老いの兆候
  1.中年期・老年期の特徴
  2.中年期の生理的特徴
  3.中年期の健康と疾患
  4.そして老年期の発達課題

 コラム⑬ 熟年離婚

第14講 エイジングと心理的変化:「老い」への対応

 1節 老いの特徴
  1.身体・生理的変化と特徴
  2.知的側面の変化と特徴

 2節 老年期のパーソナリティと適応
  1.老年期のパーソナリティ
  2.老年期の適応
  3.老年期の適応と適応要素

 3節 老年期の不適応と障害
  1.老年期の精神障害と問題
  2.老年期の精神障害の特徴

 コラム⑭ おばあちゃん仮説

第15講 「死」への対応:死に対する態度と準備

 1節 死に対する態度の発達
  1.日本人と死
  2.死に対する態度の発達
  3.子どもと死
  4.青年期と死

 2節 死の受容
  1.死の準備教育
  2.終末期と緩和ケア
  3.死の5段階説

 3節 残されたものの悲嘆
  1.死と生の合間
  2.悲嘆のプロセス
  3.グリーフケアの重要性

 4節 幸福な老いと最期
  1.幸福な老い
  2.死とは何か

 コラム⑮ ホスピスとビハーラ

 引用・参考文献
 人名索引
 事項索引

著者プロフィール

高橋 一公  (タカハシ イッコウ)  (編著

高橋 一公(たかはし・いっこう)
東京未来大学 教授

中川 佳子  (ナカガワ ヨシコ)  (編著

中川 佳子(なかがわ・よしこ)
都留文科大学 教授

上記内容は本書刊行時のものです。