版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】 中原 淳(監修) - 北大路書房
.
詳細画像 0

リーダーシップ教育のフロンティア【実践編】 高校生・大学生・社会人を成長させる「全員発揮のリーダーシップ」

発行:北大路書房
A5判
208ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-7628-3023-5
Cコード
C1037
教養 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年6月
書店発売日
登録日
2018年4月25日
最終更新日
2019年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

日本の人事部「HRアワード」2018入賞

書評掲載情報

2018-11-26 日本教育新聞    2018年11月26日号/第6170号
評者: 大久保俊輝 氏(亜細亜大学特任教授)

重版情報

2刷 出来予定日: 2019-07-17
日本の人事部様主催「HRアワード」2018年の書籍部門で入賞(ノミネート)。学習可能な「全員発揮のリーダーシップ」とは?

紹介

世界標準のリーダーシップとは,職場やチームの目標を達成するための他者に対する「影響力」。学習可能でメンバー全員が発揮するものである。意欲や主体性を引き出す効果的なリーダーシップ教育の具体的デザインを紹介。大学での実践を起点に企業や高校までも架橋し,変革する社会に対応できる人材の早期育成をめざす。


◆推薦の言葉

すべての人のためのリーダーシップ教育の最前線ここにあり
京都大学教授/溝上慎一

社員の力を引き出す影響力の要諦が学べる
株式会社サイバーエージェント取締役/曽山哲人


◆本書(実践編)の主な目次

序章 リーダーシップ教育最前線

●第1部 リーダーシップ教育の全体像
第1章 これからのリーダーシップとその教育方法:すべての人が発揮するリーダーシップとは
第2章 経験学習型リーダーシップ教育の基本形:大学・高等学校において,リーダーシップ教育をどう組み込むか

●第2部 リーダーシップの具体的な教育手法
第3章 本気を引き出すには:効果的な「動機づけ」の方法
第4章 論理思考力でリーダーシップを高める:リーダーシップ発揮につながる知識・スキルの学び方
第5章 「自分らしい」リーダーシップを育てるには:リーダーシップ発揮に「自己理解」を役立てる
第6章 倫理性・市民性を育てるには

●第3部 リーダーシップ教育のイシュー
第7章 すべての人がリーダーシップを発揮できるようになる意義とその方法
第8章 「すべての人がリーダーシップを発揮する組織」のための公式リーダー候補の人材育成
第9章 高校でのリーダーシップ教育導入
第10章 企業の受け入れ態勢はどう変わっていくべきか

終章 リーダーシップ教育の未来展望

目次

 監修者からのご挨拶
 はじめに

序章 リーダーシップ教育最前線
 【Front Line】 学部教育の柱として取り組むリーダーシップ教育
 【Front Line】だれもが成長できる。「生きる力」を育むリーダーシップ教育①
 【Front Line】他者を活かす。公式リーダー候補たちのリーダーシップ①
 【Front Line】高校・家庭科の授業で育むリーダーシップ
 【Front Line】リーダーシップを活かし,1日1時間半の練習で全国大会を目指す

●第1部 リーダーシップ教育の全体像
第1章 これからのリーダーシップとその教育方法:すべての人が発揮するリーダーシップとは
・1 リーダーシップとは何か
・2 リーダーシップ教育の2つのタイプ
・3 経験学習の場を設計する
第2章 経験学習型リーダーシップ教育の基本形:大学・高等学校において,リーダーシップ教育をどう組み込むか
・1 立教大学経営学部「リーダーシップ入門(BL0)」
 【Front Line】BL0のカリキュラムと運営体制
・2 東京都立駒場高等学校 家庭科授業
・3 私立淑徳与野高等学校 剣道部

●第2部 リーダーシップの具体的な教育手法
第3章 本気を引き出すには:効果的な「動機づけ」の方法
・1 本気を出す必然性を作る
・2 「かっこいい」を演出する
・3 得られるものをイメージできるようにする
 【Front Line】SAたちが語る「私のリーダーシップ」
・4 「やれる!」と感じさせる
・5 自分で自分の本気を引き出せるレベルへ
第4章 論理思考力でリーダーシップを高める:リーダーシップ発揮につながる知識・スキルの学び方
・1 考える力はリーダーシップにどう効くのか
・2 リーダーシップに使える論理思考とは
・3 リーダーシップを発揮しながら論理思考を学ぶ
・4 外で使うことで定着させる
・5 舞台に上がる
第5章 「自分らしい」リーダーシップを育てるには:リーダーシップ発揮に「自己理解」を役立てる
・1 自分らしいリーダーシップを育てる意味
・2 自分を知る
・3 自分らしいリーダーシップを発揮するために:リーダーシップ持論を鍛える
第6章 倫理性・市民性を育てるには
・1 リーダーシップ体験自体が市民性の「スイッチ」を入れる
・2 倫理性・市民性を前提に授業を設計する
・3 本人の内から市民性を育てる

●第3部 リーダーシップ教育のイシュー
第7章 すべての人がリーダーシップを発揮できるようになる意義とその方法
・1 すべての人がリーダーシップを発揮できるようになるべきなのはなぜか
・2 リーダータイプではない人のリーダーシップ教育
 【Front Line】 だれもが成長できる。「生きる力」を育むリーダーシップ教育②
第8章 「すべての人がリーダーシップを発揮する組織」のための公式リーダー候補の人材育成
 【Front Line】 他者を活かす。公式リーダー候補たちのリーダーシップ②
・1 人を活かさざるを得ないトレーニング
・2 公式リーダーのリーダーシップ
第9章 高校でのリーダーシップ教育導入
 【Front Line】 「家庭科」におけるリーダーシップ教育
 【Front Line】 キャリア教育とリーダーシップ
・1 リーダーシップ教育をどう組み込むか
・2 リーダーシップ教育を組み込むことで授業や行事の成果を高める
・3 主体的な学び方は教える側の役割を変える
第10章 企業の受け入れ態勢はどう変わっていくべきか
・1 後続する環境の重要性
・2 教育機関のリーダーシップ教育,トランジションプロセスにおいて起こりうること
・3 教育機関と企業におけるリーダーシップ開発の今後
 【Front Line】VUCA時代のリーダーシップ教育と新人・若手の生かし方・育て方

終章 リーダーシップ教育の未来展望
 
 あとがき

前書きなど

◆監修者からのご挨拶

本書が,なぜ「研究編」と「実践編」という2分冊を採用したのか,その理由を簡単に付記しておきたい。それは,リーダーシップ教育論,リーダーシップ開発論といった領域が,「研究と実践」「理論と実務」という2つの異なる領域を常に架橋しつつ,そこで得られた経験や知見を「往還」しながら発展していくものと,本書の筆者らが強く信じているからに他ならない。
「研究編」を読み,いつの日か「実践編」を手にする日を待つ。
「実践編」を読み,いつの日か「研究編」に目を通す日を願う。

(「監修者からのご挨拶」より一部引用)

著者プロフィール

中原 淳  (ナカハラ ジュン)  (監修

中原 淳(なかはら じゅん) ................... 監修者
日本のリーダーシップ教育の「夜明け前」である
立教大学経営学部教授。東京大学教育学部卒。大阪大学大学院人間科学研究科,メディア教育開発センター(現・放送大学),MIT客員研究員,東京大学講師・准教授等をへて,2018年より現職。企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。

高橋 俊之  (タカハシ トシユキ)  (編著

高橋俊之(たかはし としゆき) ............. 編著者
「必要とされる人」を,その人らしさから育てる
立教大学経営学部特任准教授。一橋大学法学部卒。ミシガン大学経営学修士(MBA)。情報機器系ベンチャー企業を経て,グロービスに入社。グロービス執行役員を務め,14年より現職。論理思考を用いたリーダーシップを研究テーマとしている。

舘野 泰一  (タテノ ヨシカズ)  (編著

舘野泰一(たての よしかず) .................編著者
すべての人がリーダーシップを発揮できる
立教大学経営学部助教。青山学院大学文学部卒。東京大学大学院学際情報学府修士課程・博士課程修了。大学と企業を架橋した人材育成に関する研究をおこなっている。著書に『アクティブトランジション 働くためのウォーミングアップ(舘野泰一・中原淳編)』(三省堂)等がある。

上記内容は本書刊行時のものです。