版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
インストラクショナルデザインとテクノロジ R.A.リーサー(編) - 北大路書房
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784762828188

インストラクショナルデザインとテクノロジ 教える技術の動向と課題

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:北大路書房
A5判
704ページ
並製
定価 4,800円+税
ISBN
978-4-7628-2818-8   COPY
ISBN 13
9784762828188   COPY
ISBN 10h
4-7628-2818-1   COPY
ISBN 10
4762828181   COPY
出版者記号
7628   COPY
Cコード
C3037  
3:専門 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2013年8月9日
最終更新日
2015年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

IDT(インストラクショナルデザインとテクノロジ)領域の定義と歴史,基盤となる理論やモデル,扱う研究範囲と実践領域,そして新しい方向性と課題等,広い話題をカバー。米国教育工学コミュニケーション学会(AECT)の設計・開発部会で2012年度年間優秀書籍賞を受賞したテキストの邦訳。

目次

 日本語版の読者の皆様へ
 はじめに
 はしがき

第1部:領域を定義する
 第1章 あなたの専門領域は何って?領域を定義・命名する
 第2章 インストラクショナルデザインモデルの特徴
 第3章 インストラクショナルデザインとテクノロジ(IDT)の歴史
第2部:学習と教授の理論とモデル
 第4章 インストラクショナルデザインの心理学的基盤
 第5章 構成主義:実践と歴史の文脈の中で
 第6章 学習科学:どこから来てインストラクショナルデザイナに何をもたらすのか
 第7章 問題解決のためのデザイン
 第8章 脱工業社会の教授理論とテクノロジ
 第9章 学習意欲・意志とパフォーマンス
第3部 教育プログラム・プロジェクトの評価と管理
 第10章 インストラクショナルデザインにおける評価:評価モデルの比較
 第11章 投資対効果(ROI)入門
 第12章 設計チームをその場で,そして遠隔地から管理する
 第13章 研修組織における稀少リソースの管理
第4部 パフォーマンスの向上
 第14章 ヒューマンパフォーマンス向上(HPI)の発達と進化
 第15章 パフォーマンス支援
 第16章 ナレッジマネジメントと学習:両方で完璧
 第17章 インフォーマル学習
第5部 多様な場面での動向と課題
 第18章 経済産業界におけるインストラクショナルデザイン
 第19章 軍事教育・訓練環境におけるインストラクショナルデザインの機会
 第20章 保健医療教育における職能パフォーマンス・研修・とテクノロジ
 第21章 初等中等教育におけるテクノロジー統合とインストラクショナルデザイナ
 第22章 3か国の大学におけるデザイナーの5つの役割
第6部 IDTの世界的動向と課題
 第23章 世界を1つにするための複雑な課題に向かいあう学習の開発
 第24章 アジアにおけるIDT:日本と韓国に焦点を当てて
 第25章 ヨーロッパにおけるインストラクショナルデザイン
第7部 IDTで職を得て成功するために
 第26章 インストラクショナルデザインの職を得るために:個人史からの教訓
 第27章 経済産業界で職を得るために
 第28章 IDT関連学会と出版物
第8部 IDTにおける新しい方向性
 第29章 eラーニングとインストラクショナルデザイン
 第30章 学習オブジェクト
 第31章 ネットワーク・Web2.0とつながった学習者
 第32章 リッチメディアを賢く使う
 第33章 ゲームと学習?
 第34章 仮想世界(バーチャルワールド)でデザインする
第9部 IDTの現在における課題
 第35章 専門職の倫理:実践に適用されるルール
 第36章 多様性とアクセシビリティ
 第37章 変化するというデザインの本質
 第38章 討論:異なるレベルの教育的ガイダンスの利点

 エピローグ

上記内容は本書刊行時のものです。