版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
元文部科学省キャリア官僚が問う! 教育改革を「改革」する。 寺田拓真(著/文) - 学事出版
..
【利用不可】

書店員向け情報 HELP

元文部科学省キャリア官僚が問う! 教育改革を「改革」する。 (モトモンブカガクショウキャリアカンリョウガトウ キョウイクカイカクヲカイカクスル)

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学事出版
46
272ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7619-2977-0   COPY
ISBN 13
9784761929770   COPY
ISBN 10h
4-7619-2977-4   COPY
ISBN 10
4761929774   COPY
出版者記号
7619   COPY
Cコード
C3037  
3:専門 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年12月25日
書店発売日
登録日
2023年11月3日
最終更新日
2023年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

矢継ぎ早に「流星群」のように降り続く「教育改革」に負けない学校になるためには、どうしたらいいのか。
文部科学省と広島県教育委員会で20年、教育改革をし続けた著者が問う、学校をもっともっと、「自由な場」にするための書。
巻末対談 岩瀬直樹(軽井沢風越学園校長)氏との対談を収録!

目次

はじめに

1 20年間、教育改革をし続けて
1-1 テレビの企画で、イジメを受けている中高生と対談して
1-2 DV(家庭内暴力)を振るう小学校教師の父親を持って
1-3 養護学校から小学校に戻って感じた息苦しさと違和感
1-4 「挫折」こそが、人を育てる
1-5 「教育の機会均等」が招く「不公平」と「一億総教育無責任社会」
1-6 「省利省益」を超えろ
1-7 東日本大震災の被災地をアポなしで回って
1-8 広島県教育委員会への転職と「もったいない」
1-9 40歳を過ぎてアメリカの教育大学院へ
1-10 マイノリティになる経験
1-11 「論理的現場主義」と「人生のVSOP」
コラム① コロナ禍にアメリカで過ごして
コラム② 子どもたちをアメリカの公立学校に通わせて

2 教育改革「流星群」に負けない学校になるために
2-1 トップダウンの「教育改革」からボトムアップの「実践改善」へ
2-2 教育改革「流星群」に負けないために
2-3 「僕の/私の教育改革」を描くための15のワーク
2-4 教育改革と、教育者・教育改革者の人生
2-5 教育観の転換とは、人生観の転換「ではない」
コラム③ 「個別最適な学び」が持つ、子どもたちを「取り残す」力
コラム④ 「個別最適な学び」と、学習科学

3 学校を、もっともっと「自由な場」にするために
3-1 「壊す」→「創る」→「遺す」
3-2 変えるべきは、学校のインフラストラクチャー=「学校文化」
3-3 改善を阻む、「四つのリソースの欠如」
3-4 必要なのは、教師の「真の専門職化」
3-5 学力テストの二つの改革:結果→プロセス、部分→全体
3-6 教師の「真の専門職化」のコア、「リサーチマインド」の育成
3-7 「ラーニング・コミュニティ」と「学校の民主化」
3-8 教育行政は、「コンシェルジュ兼プロデューサー」へ
3-9 学びの生態系:ラーニング・エコシステム
3-10 管理職の皆さんへ:「Festina lente」
3-11 孤独な子どもたちを救うために

おわりに

巻末対談  岩瀬直樹×寺田拓真「学校が子どもも教師も成長できる場になるために」
教師の自律性をいかに取り戻すか
これからの授業を考えていく上で核となる「ラーニングエクスペリエンス」という発想
成長実感が教育を、社会を変える
教員間の協働、コラボレーションの難しさ
教師の専門性って何?

著者プロフィール

寺田拓真  (テラダタクマ)  (著/文

広島県総務局付課長。
1981年、神奈川県秦野市生まれ。ミシガン大学教育大学院修士課程修了(2022年、学習科学・教育テクノロジー専攻)、早稲田大学法学部卒(2004年)。2004年に文部科学省に入省し、教育改革の司令塔、教育投資の充実、東京オリンピック招致などを担当。2014年より、広島県教育委員会に籍を移し、学びの変革推進課長として、教育改革の企画立案と実行、県立広島叡智学園中・高等学校の創設、ふるさと納税を活用した寄附金制度の創設、高校入試制度改革、高校生の海外留学促進などを担当。2021年には、立命館アジア太平洋大学(APU)の特別研究員も務める。3児の父。

上記内容は本書刊行時のものです。