版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
証言・まちづくり 西村 幸夫(著/文 | 編集) - 学芸出版社
..
【利用不可】

証言・まちづくり (ショウゲンマチヅクリ)

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
264ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-7615-3194-2   COPY
ISBN 13
9784761531942   COPY
ISBN 10h
4-7615-3194-0   COPY
ISBN 10
4761531940   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年8月
書店発売日
登録日
2016年10月18日
最終更新日
2016年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地域の中でささやかに、しかしまっとうに生きることと、世界の現代史の最先端を生きることとが共振し合うような、そんなまちづくりのトップランナーとして知られている人たちに、どうしてその世界に入っていくことになったのか、運動として広げる契機はどこにあったのかをお話いただき、リーダーシップの姿を明らかにした。

目次

まちづくりとリーダーシップ
―日本の「まちづくり」はどのような想いに支えられてきたか―  西村幸夫

市村次夫 -小布施-
産地から王国へ
  栗の町・小布施
  北斎と田んぼの中の美術館
  栗菓子屋の文化戦略
  町並み修景事業
  産地から王国へ
  イベントの展開
  セーラ・マリ・カミングス
  まちづくりの発想
  まちづくりのきっかけ
  町並みをコーディネート
  小布施のブランドづくり
  空間の快適性
  知的刺激を受けて豊かな生活を目指す

石田芳弘 -犬山-
城下町犬山 都市再生の視座
  地方自治体を取り巻く課題
  無愛不立(愛なくば立たず)
  都市計画道路の拡幅問題
  まちづくりの哲学
  祭りは最高のソフトウェア
  住民主導によるまちづくり検討会
  外の人の意見を聞く
  川を媒体とした交流
  まちづくりの歯車が回り出す
  歴史を見せることが観光
  町の歴史を読み解く

瀬戸 達 -大聖寺-
楽しく、無理をせず、こころと形に残るように
  小さな城下町大聖寺
  まちづくり活動のきっかけ
  一里塚の再生
  山の下寺院群の景観整備
  さまざまなまちづくり活動の展開
  NPO法人の設立
  全国町並みゼミの開催
  まちづくりの活動拠点の整備
  屋形船の運航
  まちづくりの失敗例
  町並み景観広場の整備
  もてなしトイレ案内処
  文化財レスキュー隊
  心のタッチパネル
  まちづくり活動はまず民間から
  まちづくりのサイクル
  大聖寺が大好き
  感じたものだけが心に残る
  町とうまく関わることが生きるすべとなる

笹原司朗 -長浜-
らしさを捨てろ 長浜の挑戦
  観光カリスマになって病気が治った
  戦国の通り道・長浜
  楽市楽座で栄えた長浜
  中心市街地の衰退
  株式会社黒壁の誕生
  「らしさ」を捨てろ
  ガラスの文化をまちづくりに
  口コミによる宣伝
  土産屋は入れない
  一千万人が交流する町へ
  まちを良くしないと自分の幸せはない
  村八分になる
  ガラス文化の発信と古い町並みの整備
  ガラス文化を学び続ける
  まちづくり役場
  ガラスを伝統に
  祈りのあるものが祭り
  まちづくりの核を見つける

川端五兵衞 -近江八幡-
死に甲斐のある終の栖のまちづくり
  商人の町・近江八幡
  ヘドロで埋まった八幡堀
  堀は埋めた瞬間から後悔が始まる
  堀再生のための四つの課題
  死に甲斐のある終の栖
  堀の再生に向けて
  官からのまちづくり
  景観に対する市民意識の五段階
  現風景から原風景へ
  リバーシブル・ディベロップメント
  八幡堀再生の裏話
  市民権を得た八幡堀清掃キャンペーン
  西の湖の保全、重要文化的景観へ
  末端行政から先端行政へ
  観光は終の栖の内覧会
  歴史を知る者は未来を透徹する
  熱い想いが新たな道を切り開く

高橋 徹 -伊勢河崎-
まちづくりは継続すると、ジャンプアップする時期が来る
  伊勢のまちづくり
  河川改修によって壊された町並み
  町並み保存活動のはじまり
  蔵の再生、町並みの保存
  行政との対立から協調、協働へ
  伊勢河崎蔵バンクの会発足
  NPO法人伊勢河崎まちづくり衆の設立
  住民主体の自治まちづくり
  伊勢の生活のサイクル
  まちづくりを継続する気持ちが大切
  勢田川の改修について
  空き蔵の仲人事業
  伊勢河崎商人館の管理運営
  伊勢河崎の暮らし体験
  天の時、地の利、人の輪でまちづくりが進む
  御木曳について
  外の人間だからしがらみがない
  NPO法人伊勢河崎まちづくり衆の活動について
  自立するまちづくり活動へ

中村英雄 -徳島-
できる人が、できる時に、できる事を
  徳島の真ん中・ひょうたん島
  ヘドロで汚れていた新町川
  上流をきれいに
  ひょうたん島周遊船の運航
  多彩なイベントの開催
  儲けようとしないから、皆が応援してくれる
  まずは自分たちが楽しむことから
  男のロマンより女の不満
  何のためにするかという大きな目標が大切
  川を媒体とした交流
  活動を続けるということの大切さ
  ビジョンを掲げ活動を続ける

溝口薫平 -由布院-
まちづくりは、企画力・調整力・伝達力が必要
  誰も名前を知らなかった温泉町
  まちづくりへの「想い」
  ゴルフ場の建設反対
  ドイツに学ぶ
  旅館ありきではなく、まず地域ありき
  由布院観光総合事務所の設置
  各旅館の情報を共有する
  由布院のイベントは手づくり
  確かなまちづくりへの挑戦
  二人のリーダーが町を育てる
  町長が保証人になってくれた
  地域を守る
  ナンバーワンよりオンリーワン
  由布院の景観と観光の問題について
  一つの旅館が地域を育てていく

あとがき  埒 正浩

著者プロフィール

西村 幸夫  (ニシムラ ユキオ)  (著/文 | 編集

1952年福岡県生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業、同大学院修了。マサチューセッツ工科大学客員研究員、東京大学助教授等を経て、1996年より東京大学教授。2011年より東京大学副学長。工学博士。著書に『都市保全計画』(東京大学出版会)、『西村幸夫風景論ノート』(鹿島出版会)、『環境保全と景観創造』(鹿島出版会)、『町並みまちづくり物語』(古今書院)など。

埒 正浩  (ラチ マサヒロ)  (著/文 | 編集

1960年石川県生まれ。東洋大学工学部卒業、金沢大学大学院博士課程修了。現在、㈱日本海コンサルタント常務取締役。博士(工学)、技術士。金沢大学非常勤講師、金沢工業大学非常勤講師、NPO法人歴町センター大聖寺理事などを務める。著書に『証言・町並み保存』(共編著、学芸出版社)、『日本の都市環境デザイン2』(共著、建築資料研究社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。