版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
MaaSが地方を変える 森口 将之(著/文) - 学芸出版社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

MaaSが地方を変える

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
200ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-7615-2790-7   COPY
ISBN 13
9784761527907   COPY
ISBN 10h
4-7615-2790-0   COPY
ISBN 10
4761527900   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0065  
0:一般 0:単行本 65:交通・通信
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年9月25日
書店発売日
登録日
2021年7月17日
最終更新日
2021年9月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地域の足が危機に瀕する地方こそ、ICTの力で多様な公共交通による移動を最適化するMaaSは有効であり、ニーズや期待が一層高まっている。政策ツールとしてMaaSを活かすことで脱マイカー依存やコンパクトシティを実現し、持続可能な地域を目指す各地の取り組みをレポート。

目次

はじめに

1 都市から地方に広がり始めたMaaS
・コロナが地方交通苦境に拍車を掛けた
・頼みの綱の観光需要が激減
・量から質への転換の中でのMaaS
・オンデマンド交通が最善ではない
・アプリでないとMaaSではない?
・顔認証というブレークスルー

2 前橋市:マイカー王国からの脱却目指す ※33万人
・自動車保有率第1位の県都
・バス改革3本柱
・「MaeMaaS」命名の理由
・JR東日本との連携とマイナンバー運用
・自動運転や顔認証にも挑戦
・地方都市では異例なデジタル志向

3 富山市:コンパクトシティとMaaSの関係  ※41万人
・都市経営のためのコンパクトシティ
・アナログMaaSの代表「おでかけ定期券」
・「歩くライフスタイル戦略」を策定
・歩いて暮らす生活を楽しむアプリ
・自治体初の顔認証社会実験

4 春日井市:高蔵寺はニューモビリティタウンへ ※30万人
・移動問題を抱えるニュータウン
・高蔵寺ニュータウンの課題
・リ・ニュータウンとモビリティブレンド
・自動運転モビリティサービスの実装目指す
・お出かけを促すMaaSアプリ

5 中津川市:定住推進から生まれた交通改革 ※7万人
・リニアを活かすまちづくりの真意
・相次ぐバス事業者撤退の中で
・オープンデータで最先端田舎へ
・データ整備を契機とした様々な取り組み
・結果的にはMaaSになっていた

6 京丹後市:UberやVISAも参入する先進地域 ※5万人
・「200円バス」という革命
・日本の地域交通で初めてUberを導入
・鉄道運営会社によるMaaS導入
・定額制AIオンデマンドサービスも導入へ
・世界での経験を地域に生かす

7 山口市:市民も自主的に参加する交通改革 ※19万人
・マイカーの長所と短所を明示
・交通まちづくりへの住民参加を呼びかけ
・コミュニティタクシーとグループタクシー
・パークアンドライドの秘策
・「ぶらやま」以外もあるMaaS探求

8 東御市:地元企業が取り組んだ地方型MaaS ※3万人
・地域公共交通の厳しい現実
・なぜ建材事業者がモビリティなのか
・先端MaaS事業の協定を締結
・顔認証MaaSへの挑戦
・利用者の声に後押しされた半年間

9 小諸市:東信地域の交通統合を目指して ※4万人
・多極型コンパクトシティを推進するが
・従来からMaaS導入を何度か検討
・東御市の実験を聞きつけて決断
・ひとつのアプリで東信を統合
・産学官連携で農業と交通を改革
・他にもある長野の地方MaaS

10 地方でMaaSを実現するために必要なこと
・自治体のリーダーシップ
・交通網の見直し
・住民への丁寧な説明
・スーパー・病院との協力・広報
・スピード感と絶えざる改良
・広域での協力体制

おわりに

著者プロフィール

森口 将之  (モリグチ マサユキ)  (著/文

1962年東京生まれ。早稲田大学卒業。出版社勤務を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。移動や都市という視点から自動車や公共交通を取材し、雑誌・インターネット・テレビ・ラジオ・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティ問題解決のリサーチやコンサルティングも担当する。グッドデザイン賞審査委員、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会、日本福祉のまちづくり学会会員。

上記内容は本書刊行時のものです。