版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
場づくりから始める地域づくり 飯盛 義徳(著/文 | 編集) - 学芸出版社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用不可】

場づくりから始める地域づくり (バヅクリカラハジメルチイキヅクリ) 創発を生むプラットフォームのつくり方 (ソウハツヲウムプラットフォームノツクリカタ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
216ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-7615-2779-2   COPY
ISBN 13
9784761527792   COPY
ISBN 10h
4-7615-2779-X   COPY
ISBN 10
476152779X   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年7月5日
書店発売日
登録日
2021年4月16日
最終更新日
2021年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

つながりを紡ぎだし、新たな活動を生み出している「場」をどのようにつくるか。街なかに新風を吹き込んだ「わいわい!!コンテナ」、多世代の交流を生み出した「芝の家」。「ゆがわらっことつくる多世代の居場所」や「ふるさと絵屏風」などの事例から、場づくりのポイントとなるさまざまなデザインを実践者が具体的に解説。

目次

 はじめに

序章 地域づくりにおける場とは何か? 飯盛義徳
   1 相互作用が生まれる枠組みや空間としての場
   2 地域づくりにおける場の事例
   3 本書の内容

1章 まちづくりの持続可能性を支える場づくり  西村浩
   1 発明の時代へ―― 20 世紀の手法はもう通用しない
   2 岩見沢複合駅舎(北海道)―― 人を育てる
   3 佐賀市の街なか再生―― 動機の連鎖をつくる
   4 喜多方小田付蔵通り「南町2850 プロジェクト」―― 教育の重要性
   5 まちづくりに求められる持続性と波及力

2 章 都市部のつながりを形成する場づくり  坂倉杏介
   1 芝の家―地域をつなぐ!交流の場づくりプロジェクト
   2 「 誰もがいたいようにいられる」居場所づくり
   3 ご近所イノベーション学校というコミュニティのプラットフォーム
   4 場づくりから地域づくりへ
3 章 場づくりの実践と課題――“ 多世代の居場所” づくり実践を通して   伴英美子
   1 ゆがわらっことつくる多世代の居場所とは
   2 空間づくり――“ 多世代の居場所” 設立のプロセス
   3 場づくり―多世代が安心して過ごすことのできる場づくり
   4 プラットフォームデザイン――「場」「学び」「実践・挑戦」
   5 事業モデルの特徴 ―― 大学 町との連携 運営資金
   6 活動実績と効果
   7 評価と展望

4 章 ふるさと絵屏風で生みだす心の居場所 上田洋平
   1 ふるさと絵屏風とは
   2 五感体験マンダラをつくる
   4 ふるさと絵屏風の制作
   5 ふるさと絵屏風のつかいかた・そだてかた
   6 ふるさと絵屏風がそだつ無事の文化

終章 場づくりから地域づくりへ  飯盛義徳
   1 場づくりのポイント
      ◆ 誰でも出入りしやすい仕組みづくり
      ◆ 多様な人々が気軽に参加できるプログラムの提供
      ◆ 資源持ち寄りによる運営
   2 場づくりから地域づくりへ
 
 あとがき

著者プロフィール

飯盛 義徳  (イサガイ ヨシノリ)  (著/文 | 編集

慶應義塾大学総合政策学部教授

西村 浩  (ニシムラ ヒロシ)  (著/文

建築家/クリエイティブディレクター

坂倉 杏介  (サカクラ キョウスケ)  (著/文

東京都市大学都市生活学部准教授

上田 洋平  (ウエダ ヨウヘイ)  (著/文

滋賀県立大学地域共生センター講師

伴 英美子  (バン エミコ)  (著/文

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任講師

上記内容は本書刊行時のものです。