版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
土木の仕事ガイドブック 柴田 久(著/文) - 学芸出版社
..

土木の仕事ガイドブック 日常をつくるプロフェッショナル

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
四六判
208ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7615-2772-3   COPY
ISBN 13
9784761527723   COPY
ISBN 10h
4-7615-2772-2   COPY
ISBN 10
4761527722   COPY
出版者記号
7615   COPY
 
Cコード
C0051
一般 単行本 土木
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年6月10日
発売予定日
登録日
2021年3月27日
最終更新日
2021年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

毎日のあの道、みんなが集う公園、地下に潜む上下水道、災害時に欠かせない貯水ダム──。さまざまな形で私たちの日常生活を支えている土木を、つくり維持し愛でる19分野35人の日々の仕事。業務内容ややりがい、業界に望むことなど、とことん現場の声でまとめられた、土木業界の「リアル」を知るための一冊。

目次

はじめに

1. 国家公務員(総合職)
政策と実践の相互フィードバック:国土交通省都市局・新屋千樹
現場で、霞が関で、明日の国土をかたちづくる:国土交通省道路局・鈴木彰一

2. 国家公務員(一般職)
ジェネラリストとして土木に携わる:国土交通省九州技術事務所・平野礼
ダムの調査設計から工事発注まで:国土交通省近畿地方整備局河川工事課・山﨑健司

3. 地方公務員(都道府県)
社会資本を整備することの意義:岩手県県土整備部・土佐勝洋
地下埋設物によるインフラ整備:福岡県建築都市部下水道課・吉丸俊和

4. 地方公務員(市町村)
市民とともに歩む地方都市づくりの楽しさ:大分県津久見市役所まちづくり課・上薗怜史

5. ゼネコン
女性が活躍する土木の現場:鹿島建設株式会社東京土木支店・村上麻優子
前田建設工業九州支店土木部・末永怜士
西松建設株式会社国際事業本部土木統括部・吉田吉孝

6. メーカー
まちづくりに携わるアルミエンジニア:日軽エンジニアリング設計技術部・御手洗恭平

7. 鉄道会社
100年に一度の渋谷再開発:東急株式会社渋谷開発事業部・石田充朗

8. 建設コンサルタント(調査・構想・計画系)
モビリティ大変革期における多様な移動のあり方を踏まえたスマートモビリティ社会の実現:パシフィックコンサルタンツ株式会社・中込浩樹
市民の安全・安心・快適な生活を守る専門家:株式会社建設技術研究所・筌瀬明日香

9. 建設コンサルタント(設計・施工・維持管理系)
美しい橋をデザインする:中央復建コンサルタンツ株式会社・丹羽信弘
技術と誠意でクライアントに安心感を:日本工営株式会社ミャンマー国バゴー橋建設事業開発事務所・今田進平
維持管理時代における土木構造物のマネジメント:株式会社オリエンタルコンサルタンツ・坂口浩昭

10. シンクタンク、インハウス・エンジニア
国土交通行政を支える頭脳集団:土木研究所 河川生態チーム・中村圭吾
官民連携時代における土木の政策提言:株式会社日本総合研究所・佐藤俊介

11. 不動産会社
森ビル株式会社・田中草平

12. 機構(旧公団)
多様な世代が安心して住み続けられる屋外環境整備:独立行政法人都市再生機構・高橋和宏

13. 測量会社、調査会社
地球を測(量)るプロフェッショナル:株式会社パスコ東日本事業部・古本真也
高速道路の岩石・土砂調査:国際航業株式会社・山田優子

14. 設計事務所
土木をデザインする:株式会社EAU・崎谷浩一郎
株式会社設計領域・吉谷崇

15. 高速道路会社
中日本高速道路株式会社名古屋支社四日市工事事務所・川島陽子

16. 電力会社
ライフラインを担う土木構造物の維持管理:九州電力株式会社・小川信行

17. NPO(非営利法人)
まちを使いこなし、まちと人をつなぐコーディネート:岡崎まち育てセンター・りた・天野裕

18. 研究職
東京大学工学部都市工学科准教授・羽藤英二
研究と社会貢献を橋渡しする地域実践:長崎大学大学院工学研究科准教授・石橋知也

19. 新たな専門的職能
自治体職員として、長崎のまちのデザインを監修する:長崎市景観専門監・高尾忠志
伝統を再解釈して伝える仕事:石積み職人・真田純子

おわりに

著者プロフィール

柴田 久  (シバタ ヒサシ)  (著/文

1970年福岡県生まれ。福岡大学社会デザイン工学科教授。博士(工学)。2001年東京工業大学大学院情報環境学専攻博士課程修了。専門は景観設計、土木・公共空間のデザイン、まちづくり。カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員等を務め、南米コロンビアの海外プロジェクトや九州を中心に四国、中国、東北を含む約60の公共空間整備、土木構造物の計画、設計、施工監理等に従事。主な受賞にグッドデザイン賞、土木学会デザイン賞、防災まちづくり大賞など多数。著書に『地方都市を公共空間から再生する 日常のにぎわいをうむデザインとマネジメント』(単著、2017、学芸出版社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。