版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コミュニティカフェ 齋藤 保(著/文) - 学芸出版社
..

コミュニティカフェ まちの居場所のつくり方、続け方

発行:学芸出版社
四六判
232ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784761527402
Cコード
C0052
一般 単行本 建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月1日
書店発売日
登録日
2020年3月17日
最終更新日
2020年5月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

居心地のよい空間・交流の場をつくろう!

誰もがふらっと立ち寄れ、居心地の良い空間を楽しめる。出会いがあり、交流が生まれ、地域活動やまちづくりにつながることもできる場。そうしたコミュニティカフェの魅力と、運営のノウハウを各地の事例も紹介しながら紐解く。著者は開設15年を迎える港南台タウンカフェを主宰し、全国で開設・運営の支援に携わっている。

目次

はじめに

第1章 コミュニティカフェはまちの交流交差点~港南台タウンカフェの実践から
1 誰もがふらりと立ち寄れて
(1) 港南台タウンカフェができるまで
(2) お洒落なショップ&カフェか、まちづくり空間なのか?
(3) 居場所として安心してくつろげる、温かい交流空間
(4) 一歩踏み出すことのできる豊富な機会
(5) 地域のつながりづくりやコーディネート機能

2 場があるからこそ生まれるもの
(1) 音楽通り:ふと見たワンシーンが活きる瞬間
(2) 小箱ギャラリー:みんなが主役のコミュニティ
(3) 手づくり募金:小さな気持が集まった被災地支援
(4) 失敗が生みだした信頼関係
(5) 安心できる関係性:若者たちの就労支援研修

3 思いがけない展開が地域を豊かにする
(1) 小箱から飛び出す作家さんたち
(2) 高校生も大活躍!:被災地復興イベントから、まちの「かわら版」まで
(3) 「ふ~のん」:まちへの想いをカタチに
(4) うなぎ食べて商店会が若返る?:港南台まちある隊
(5) たまごキャンドルで紡がれる地域の絆
(6) 10年で培った地域団体との信頼関係

第2章 全国に広がるコミュニティカフェ~個性が光る7つの事例
事例1 子育てをまちでぷらすに:こまちカフェ
事例2 高齢者の見守り機能と市民参画:ふらっとステーション・ドリーム
事例3 空き家がまちの縁側に:ジュピのえんがわ
事例4 古民家を活用した官民協働まちづくり拠点:まち家世田米駅
事例5 住み開きカフェが地域をつなげる:ハートフル・ポート
事例6 庭のカフェがみんなの居場所に:みやの森カフェ
事例7 「行政×大学×地域」コミュニティ拠点の実験場:芝の家

第3章 コミュニティカフェの始め方・続け方~7つのツボから探る
1 想いをデザインする
(1) ねらいや目的に応じた立地や施設
(2) 空間デザインの重要性
(3) ストーリーのある商品が共感度を高める
(4) 取材レポートは最高のつながりツール
(5) 空間・時間・人間・隙間。4つの「間」をデザインする

2 おもてなしの極意
(1) おもてなしの必要性
(2) スタッフの心配りがキホン
(3) おもてなし研修の重要性
(4) 気配り「1対9の法則」
(5) コミュニティカフェならではのおもてなし

3 人材発掘と参画のデザイン
(1) ファンや利用者が担い手に変化するポイント
(2) 主体性を持った活動へのステップアップ
(3) 人材発掘のキモ
(4) 「任せる」という覚悟を持つこと
(5) エプロン姿のコーディネーターが育つ

4 組織のつくり方と運営
(1) 運動体から事業体へのイノベーション
(2) やりたいことと地域ニーズの確認
(3) 組織づくりは柔軟に
(4) ボトムアップの意思決定の重要性
(5) 合意形成の大切さと直感を信じる経営判断
(6) リーダーにモノ言えるヒトはいますか?

5 経営について考えてみる
(1) 社会性と事業性のバランスをどう保ちますか?
(2) 利益を生み出す方法を考えよう
(3) プロとしての自覚と誇り:善意での事業は続かない
(4) さまざまな事業モデルを考えよう:飲食以外の事業形態から経営を考えてみる
(5) 資金調達のいろいろ

6 伝える意識とチカラを身につけよう!
(1) ブランドイメージを確立させよう
(2) メディアの活用を考えてみよう
(3) 事業の成果だけでなく課題も積極的に発信すべし

7 響き合うポイントを大切に:連携そしてコーディネート機能
(1) 自分たちだけでは成り立たない
(2) 専門的な広域ネットワークづくり
(3) 地域連携は積み上げていくもの
(4) 連携・協働のポイント:行政・企業との関係づくり
(5) コミュニティカフェがまちの中間支援機能を担う

解 題 コミュニティカフェの文明史的意義 名和田是彦(法政大学法学部教授)

おわりに

著者プロフィール

齋藤 保  (サイトウ タモツ)  (著/文

株式会社イータウン代表取締役、横浜コミュニティカフェネットワーク代表。
2002年に横浜市で起業。地域情報サイトe-townの企画運営やデザイン事業を行い、2005年からは「cafeからはじまるおもしろまちづくり」をキャッチフレーズに「港南台タウンカフェ」を運営。地域の多様な団体・市民参加型のまちづくりを目指し奔走中。
2007年からはコミュニティカフェ・ソーシャルビジネス支援事業プロデューサーとして横浜のみならず全国各地の「コミュニティカフェ」の 運営支援や、地域プロデューサーとなる「cafeマイスター」の人材発掘育成事業を展開。

上記内容は本書刊行時のものです。