版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
エリアマネジメント 効果と財源 小林 重敬(著/文 | 編集) - 学芸出版社
..
【利用不可】

エリアマネジメント 効果と財源 (エリアマネジメントコウカトザイゲン)

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
208ページ
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-7615-2734-1   COPY
ISBN 13
9784761527341   COPY
ISBN 10h
4-7615-2734-X   COPY
ISBN 10
476152734X   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月15日
書店発売日
登録日
2020年1月16日
最終更新日
2020年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

エリアマネジメント活動に欠かせない財源確保の多様な仕組みを、海外の制度や実際、日本の先端事例を交えて具体的に示す。また負担に応じる関係者の納得を得るためには活動効果を測り伝えなければならない。その効果的な方法を内外の事例から示す。くわえて効果を生み出すために必要な組織と公民連携のあり方についても示した1冊。

エリアマネジメントを持続するためにもっとも重要な三つのポイントを解説!
【1】財源確保の多様な方法
【2】財源を負担する人たちへの効果の示し方
【3】効果を出すための組織と公民連携のあり方

目次

はじめに

第1章 エリアマネジメント制度の仕組みと財源・課税

1-1 エリアマネジメント活動の財源の実際
エリアマネジメント活動を進めるうえでの課題
エリアマネジメント活動財源の事例
エリアマネジメント団体の財源内訳

1-2 エリアマネジメント財源確保の仕組み
大阪版BID制度
地域再生エリアマネジメント負担金制度
民間まちづくり活動の財源確保に向けた枠組みの工夫に関するガイドライン

1-3 海外のエリアマネジメント(BID)の財源の実際
海外のBID制度の特徴
アメリカのBIDと財源
イギリスのBIDと財源
ドイツのBIDと財源

1-4 エリアマネジメント活動への課税の仕組みと課題
組織形態と財源・課税
みなし寄附金制度
寄附金の優遇措置
認定NPO法人への税制上の優遇措置

第2章 エリアマネジメント活動の効果をどう伝えるのか

2-1 期待する効果
エリアマネジメント活動の効果の3つの側面
3つの側面と地域再生エリアマネジメント負担金制度
エリアマネジメント活動に期待するさまざまな効果

2-2効果を見る視点
4つの視点
効果を見る視点と効果の伝え方

2-3 海外BID団体の活動効果の伝え方
アメリカBIDの年次報告書等
英国BIDの年次報告書等

2-4 エリアマネジメント団体の活動内容と効果の伝え方
ステークホルダー向けの報告書
一般向けの報告書
負担金制度を取り入れたときの活動報告書に必要なこと

2-5 活動の効果測定に関する調査・研究
社会実験における調査事例
エリアマネジメントの費用便益分析
効果検証のための研究者と実務者の共同が重要

第3章 効果を生み出す組織と公民連携のあり方

3-1 効果を生み出す組織のあり方
エリアマネジメント団体の組織形態
エリアマネジメント団体の活動を支援する諸制度
エリアマネジメント団体の重層性

3-2 効果を高める公民連携のあり方
民間まちづくりを後押しする行政組織へ変わる
公民連携による公共施設整備とエリアマネジメント活動

COLUMN
1 御堂筋パークレット
2 江戸夏夜会―旧芝離宮恩賜庭園の試み
3 近隣の成功が引き金に―ハンブルク中心部のBID
4 タイムズ・スクエアの広場化とBID
5 新虎通りにおける「DESIGN ACADEMY」活動

おわりに~これからのエリアマネジメント

主要参考文献

著者プロフィール

小林 重敬  (コバヤシ シゲノリ)  (著/文 | 編集

一般財団法人森記念財団理事長 横浜国立大学名誉教授
全国エリアマネジメントネットワーク会長 工学博士

一般財団法人森記念財団  (イッパンザイダンホウジンモリキネンザイダン)  (著/文 | 編集

森記念財団は、1981年に設立され、より良い都市形成のために、わが国の社会・経済・文化の変化に対応し、時代に即した都市づくり・まちづくりに関する調査研究および普及啓発を主体とした公益的な事業活動を展開しています。

上記内容は本書刊行時のものです。