版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
モビリティをマネジメントする 藤井 聡(著/文 | 編集) - 学芸出版社
..

モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
192ページ
定価 2,300円+税
ISBN
978-4-7615-2601-6   COPY
ISBN 13
9784761526016   COPY
ISBN 10h
4-7615-2601-7   COPY
ISBN 10
4761526017   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0051  
0:一般 0:単行本 51:土木
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2015年8月13日
最終更新日
2015年8月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

交通渋滞、バスや鉄道の経営難、中心市街地の衰退、これは人間が引き起こした社会的な問題だ。そこで市民の意識や常識に働きかけ、クルマ依存からクルマをかしこく使う方向へ、人々の自発的な行動転換をはかるのがモビリティ・マネジメント(MM)だ。その考え方や手法を初めてMMを担当する人、戸惑いがある人へ説く。

目次

★序章 モビリティ・マネジメント」とは何か
     0.1 モビリティ・マネジメントの始め方/進め方
     0.2 モビリティ・マネジメントの基礎知識
     0.3 〈コラム〉JCOMM(日本モビリティ・マネジメント会議)
 
★第1部 まち・地域とモビリティ

  ◎第1章 公共交通の活性化を通した「交通まちづくり」を進めたい(交通まちづくりMM)
     1.1 交通まちづくりとMM
     1.2 京都の交通まちづくりが「どう始められた」か?
     1.3 京都の交通まちづくりが「どう進められた」か?
     〈コラム〉エコ通勤優良事業所認証制度
     〈コラム〉モビリティ・マネジメントに係る表彰制度
     1.4 「歩くまち・京都」の実現に向けたMMの今後
     〈コラム〉人と環境にやさしい交通によるまちづくりを目指して「交通まちづくりの広場」の取り組み
     〈コラム〉不健康はまちのせい?! スマートウェルネスの取り組み

  ◎第2章 地方で「バス」を活性化したい(バス活性化MM)
     2.1 「バス」の活性化のためのMM
     2.2 バス利用者をV字回復させた帯広のバスMM
     2.3 利用者100万人を達成した、明石市の Tacoバス

  ◎第3章 ローカル鉄道を活性化したい(鉄道活性化MM)
     3.1 住民参加で鉄道運営 ―貴志川線の取り組み―
     3.2 接遇は鉄道の命 ―江ノ島電鉄の取り組み― 

★第2部 多様なモビリティ・マネジメント実践

  ◎第4章 子どもたちに「交通」の大切さを教えたい(MM教育)
     4.1 札幌でのモビリティ・マネジメント教育
     4.2 秦野市交通スリム化教育:交通部署と教育部署の連携
     〈コラム〉モビリティ・マネジメントに係る人材育成の取り組み

  ◎第5章 「道路の混雑」をなんとかしたい(TDMとしてのMM)
     5.1 道路混雑の問題点
     5.2 国や自治体、民間事業者がタッグを組んで推進した福山都市圏のMM
     5.3 道路混雑を劇的に緩和させた地方都市、松江都市圏のMM
     〈コラム〉免許更新時モビリティ・マネジメント

  ◎第6章 MMの色々な可能性
     6.1 買物は近所のお店で
     6.2 放置駐輪対策
     6.3 街路景観の改善
     6.4 災害避難行動の誘発:土砂災害避難のリスク・コミュニケーション
     6.5 MMの展開可能性

著者プロフィール

藤井 聡  (フジイ サトシ)  (著/文 | 編集

藤井聡 京都大学大学院工学研究科(都市社会工学)教授、京都大学レジリエンス研究ユニット長、ならびに第二次安倍内閣内閣官房参与(防災減災ニューディール担当)。 1968年生。京都大学卒業後、スウェーデンイエテボリ大学客員研究員、同大学助教授、東京工業大学教授等を経て現職。専門は都市計画、国土計画、経済政策等の公共政策論および実践的人文社会科学研究。著書に『大衆社会の処方箋』『巨大地震Xデー』『大阪都構想が日本を破壊する』等多数。

谷口 綾子  (タニグチ アヤコ)  (著/文 | 編集

谷口綾子 筑波大学大学院システム情報工学研究科准教授。 1973年生まれ。北海道大学工学部土木工学科卒業、工学博士。建設コンサルタント勤務、日本学術振興会特別研究員(PD・東京工業大学)等を経て現職。専門は都市交通計画。03年都市計画学会論文奨励賞、06年第一回米谷・佐佐木賞、09年第34回交通図書賞を受賞。著書に『モビリティ・マネジメント入門』(共著)、『都市のリスクとマネジメント』(共著)等。

松村 暢彦  (マツムラ ノブヒコ)  (著/文 | 編集

松村暢彦 愛媛大学大学院理工学研究科教授。 1968年生まれ。大阪大学工学部土木工学科卒業、博士(工学)。大阪大学工学部助手等を経て現職。専門は地域計画、土木計画。10年都市計画学会年間優秀論文賞、13年工学教育賞業績賞を受賞。著書に『モビリティ・マネジメントの手引き』(共著)等。

上記内容は本書刊行時のものです。