版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
外国人との建設現場コミュニケーション術 降籏 達生(著/文) - 学芸出版社
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

外国人との建設現場コミュニケーション術 雇用・育成・トラブル予防のポイント

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
236ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7615-1371-9   COPY
ISBN 13
9784761513719   COPY
ISBN 10h
4-7615-1371-3   COPY
ISBN 10
4761513713   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年9月5日
書店発売日
登録日
2020年6月27日
最終更新日
2020年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

これからの建設業に必須の外国人材。しかし意思疎通や生活習慣の違い、不法就労や失踪の問題など、外国人の雇用や協働にハードルを感じている現場も多い。ますます増えていく外国人材とトラブルなく働き、彼らを育て、成果を上げてもらうためのコミュニケーション術を身につけよう。6か国語による建設専門用語集も収録!

目次

はじめに
Chapter1 建設業が外国人を受け入れる理由
1 建設業の現状と課題
2 建設業における外国人受入制度
3 外国人材を確保できない建設会社は生き残れない
4 多様性を受け入れる覚悟を持て
[コラム1]日本の土木技術で、発展途上国の発展に役立ちたい

Chapter2 外国人の生活習慣・価値観を理解する
1 生活習慣・価値観を知る
2 宗教的考え方を知る
3 日本人の特性や慣習を伝える
4 多様性への配慮
[コラム2]「選ぶ」のではなく「選ばれる」立場であると自覚しよう

Chapter3 外国人のモチベーションを高めるには
1 生存安楽の欲求
2 安全秩序の欲求
3 集団帰属の欲求
4 自我地位の欲求
5 自己実現の欲求
[コラム3]帰国後の将来をしっかり考えてあげよう

Chapter4 外国人とのコミュニケーション技術
1 アプローチ:親密力
2 リサーチ:調査力(ヒアリング力、コーチング力)
3 ライティング:文章力
4 プレゼンテーション:表現力
5 クロージング:交渉力
[コラム4]技能実習生として働いたあと、現地法人で活躍してほしい

Chapter5 不法就労、事故、失踪…問題が起こる前に
1 「リスクマネジメント」と「危機管理」
2 ハザード、リスクから損失に至るメカニズム
3 ハザードを把握する
4 リスクの予防と緩和

付録
1 8か国語 筆談集
2 建設業に関連する在留資格一覧表
3 外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業主が努めるべきこと
4 建設技能者必要能力一覧表(共通編/型枠/鉄筋)(案)
5 施工管理技術者のキャリアプラン
‐必要能力一覧表
‐新入社員5 年育成計画
‐個人別キャリアプラン
6 6か国語 建設専門用語集
 ‐用語集の索引

著者プロフィール

降籏 達生  (フルハタ タツオ)  (著/文

ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役
NPO法人建設経営者倶楽部KKC 理事長
1961年、兵庫県神戸市生まれ。東京オリンピック施設、マンション傾斜問題等にて、建設の専門家としてテレビ、ラジオ、新聞取材多数。国土交通省「地域建設産業生産性向上ベストプラクティス等研究会」「キャリアパスモデル見える化検討会」「建設業イメージアップ戦略実践プロジェクトチーム」「多能工育成・働き方改革等検討会」の委員を歴任。
現在、"あなたの居場所はここにある"をモットーに、少年を一流の建設職人に育成する「Gリーグ;技能リーグ」設立活動をしている。メールマガジン「がんばれ建設~建設業業績アップの秘訣~」は読者数1万9000人、日本一の建設業向けメルマガとなっている。

主な著書に、『建設版 働き方改革実践マニュアル』『今すぐできる建設業の工期短縮』『その一言で現場が目覚める:建設工事に学ぶ「リーダー」のコミュニケーション術』(いずれも日経BP社)、『建設業で本当にあった心温まる物語』(ハタ教育出版)、『受注に成功する!土木・建築の技術提案』(オーム社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。