版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
不動産の価値はコミュニティで決まる 甲斐 徹郎(著/文) - 学芸出版社
..

不動産の価値はコミュニティで決まる 土地活用のリノベーション

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
A5判
160ページ
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-7615-1358-0   COPY
ISBN 13
9784761513580   COPY
ISBN 10h
4-7615-1358-6   COPY
ISBN 10
4761513586   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年2月29日
最終更新日
2016年3月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

空き家増加、家賃下落の時代、不動産活用で追求すべき経済合理性、価値を持続的に伸ばす方法論を解説。土地のポテンシャルを引きだす地主、暮らしを大切にする住人、コミュニティを再編する建築家、事業者による「新しい不動産」の営み方。うめこみち、マージュ西国分寺、あまつ風、白石農園、まちの保育園、やかまし村などを紹介。

目次

はじめに

1章 地主よし・住人よし・街よしの不動産経営

「環境」と「コミュニティ」が住宅の価値を伸ばす
コミュニティが生まれるメカニズム
地主・住人・街が得する不動産活用

2章 多様な主体が営む新しい不動産事業
①「U & Me Komichi うめこみち」
インタビュー:茨田禎之(オーナー)、大島芳彦(ブルースタジオ)
―エリアの価値を高める、地主と建築家の協働
②「マージュ西国分寺」
インタビュー:影山知明(オーナー)
―コミュニティが育つと大家は楽になる
③「あまつ風」
インタビュー:黒岩健司・吉枝(オーナー)
―大家と住人がシェアする関係を最適化する
④「白石農園」
インタビュー:白石好孝(園主)
「資産」ではなく「資源」として土地を生かす
⑤「まちの保育園」
インタビュー:松本理寿輝(ナチュラルスマイルジャパン)
教育からまちづくりへ深化する

3章 縮小時代の不動産経営のポイント
鼎談:田村誠邦(アークブレイン)×林厚見(スピーク)×甲斐徹郎

土地活用に潜むまやかし
ビジョンと手間が生みだす価値
コミュニティという長期的価値
事業計画のチェックポイント

4章 時間とともに価値を増す不動産のデザイン手法

時間の経過で劣化しない不動産の価値とは
魅力を放ち続ける事業のつくり方
暮らしのストーリーを描く土地活用を

おわりに

著者プロフィール

甲斐 徹郎  (カイ テツロウ)  (著/文

建築・まちづくりプロデューサー/株式会社チームネット代表/関東学院大学客員教授。
1959年東京都生まれ。千葉大学文学部行動科学科社会学専攻卒業。1995年、環境と共生する住まいとまちづくりをプロデュースする会社として株式会社チームネットを設立。環境共生型コーポラティブ住宅「経堂の杜」「欅ハウス」などを企画、コーディネイト。個人住宅から集合住宅、まちづくりまで、環境とコミュニティを生かした数多くのプロジェクトを手掛ける。著書に『まちに森をつくって住む』(農文協)、『自分のためのエコロジー』(ちくまプリマー新書)など。

上記内容は本書刊行時のものです。