版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
町家棟梁 荒木 正亘(著/文) - 学芸出版社
..

町家棟梁 大工の決まりごとを伝えたいんや

工業・工学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:学芸出版社
四六判
200ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7615-1288-0   COPY
ISBN 13
9784761512880   COPY
ISBN 10h
4-7615-1288-1   COPY
ISBN 10
4761512881   COPY
出版者記号
7615   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2011年8月
書店発売日
登録日
2016年10月18日
最終更新日
2016年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

京都の町家は、市井の人びとの住まいとして脈々と受け継がれてきた。それらを改修してきたのは、神社仏閣・数寄屋などもこなすほど高い技術をもった大工棟梁であった。六十年以上にわたって町家にかかわってきた大工棟梁が、何を見て、どう考え、建物と格闘してきたのか。町家の再生にかけた人生を次代の若手に向けて語る。

目次

はじめに

第1章 お出入りの大工が見守ってきた町家――町場大工として

第2章 大工の決まりごとを伝えたいんや――再生の技の極意

第3章 大工は隠し技をたくさんもっている――木を生かす

第4章 かぼちゃの花は咲いたか――私の修業時代

第5章 祇園祭と夜なべ――職人の四季と祭式

第6章 町家は固めたらあかん――町家と構造

第7章 目にものさしをもて――若者たちへ

付 章 京町家の歴史と意匠―― 特別講義/矢ヶ崎善太郎

おわりに

著者プロフィール

荒木 正亘  (アラキ マサノブ)  (著/文

株式会社アラキ工務店取締役会長 昭和8年(1933年)生まれ。京都建築専門学校卒業。昭和22年より京都市中京区の工務店で大工の修業を始める。昭和30年父の経営する工務店に入社。昭和48年法人化とともに代表取締役に就任。一級建築施工管理技士、一級技能士、二級建築士。京町家作事組副理事長。古材文化の会顧問。全京都建設協同組合 顧問。武庫川女子大学非常勤講師など。

矢ヶ崎 善太郎  (ヤガサキ ゼンタロウ)  (著/文

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科建築造形学部門准教授

上記内容は本書刊行時のものです。