版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
働きたくなる職場のつくり方 荒川 陽子(著/文) - かんき出版
..
【利用不可】

働きたくなる職場のつくり方 (ハタラキタクナルショクバノツクリカタ)

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:かんき出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ18mm
重さ 383g
240ページ
定価 1,700円+税
ISBN
978-4-7612-7661-4   COPY
ISBN 13
9784761276614   COPY
ISBN 10h
4-7612-7661-4   COPY
ISBN 10
4761276614   COPY
出版者記号
7612   COPY
Cコード
C0034  
0:一般 0:単行本 34:経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年5月22日
書店発売日
登録日
2023年3月24日
最終更新日
2023年5月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

世界最大規模の従業員意識調査(エンゲージメントサーベイ)をする調査機関の日本版Great Place To Work® Institute Japan(GPTW Japan)の待望の書籍が登場!「働きたくなる職場」「やる気がなくなる職場」あなたの職場はどっち?職場の明暗を分けるたった1つのキーワード「働きがい=働きやすさ+やりがい」これを正しく理解して、実践する職場からいきいきとした職場に変わる。本書は、世界100ヶ国、10,000社を調査するGPTWが導き出されたデータや、日本企業の豊富な事例を27紹介。社員のやる気とパフォーマンスを左右する「職場のしくみ」を大公開。経営者・管理者・リーダーは必携の一冊です。「なぜ、働くのか」「これからどう働くか」「職場をどう変えていくか」「職場のどこがいけなかったのか」が見えてくる。

目次

序章 成長し続ける職場にある「働きがい」
01/世界基準の「働きたくなる職場」
02/働きがいのある職場と財務的成長の関係
1章 働きやすさ+やりがいで変わる4つの職場
03/昔は活躍した「ばりばり職場」から「しょんぼり職場」へ
04/ぶら下がり社員が増える「ぬるま湯職場」
05/働きやすく、やりがいのある「いきいき職場」
2章 働きたくなる職場が持つ全員型「働きがいのある会社」モデル
06/働きがいのある職場の仕組み
07/「 リーダーシップ」と「バリュー(価値観)」が見える職場
08/アイデアが次々に生まれる「イノベーション」の土壌
3章 働きたくなる職場のつくり方
09/職場・個人の働きがいマインドセット
10/職場でつくれる働きがい〈5つのポイント〉
4章 多様性が活きる職場
11/なぜ、多様性のある職場が求められるのか
12/ジェンダー平等の働きたくなる職場
13/シニアの働きたくなる職場
14/若手の働きたくなる職場
5章 働きたくなる職場に変える“私”の役割
15/始めはひとりでも、職場を変えられる
16/経営者は、職場をどうやって変えるか
17/人事は、職場をどうやって変えるか

著者プロフィール

荒川 陽子  (アラカワ ヨウコ)  (著/文

Great Place to Work® Institute Japan 代表
(株式会社働きがいのある会社研究所 代表取締役社長)
2003年HRR株式会社(現 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ)入社。営業職として中小~大手企業までを幅広く担当。顧客企業が抱える人・組織課題に対するソリューション提案を担う。2012年から管理職として営業組織をマネジメントしつつ、2015年には同社の組織行動研究所を兼務し、女性活躍推進テーマの研究を行う。2020年より現職。コロナ禍をきっかけに働き方と生活のあり方を見直し、小田原に移住。自然豊かな環境での子育てを楽しみつつ、日本社会に働きがいのある会社を一社でも増やすための活動をしている。

上記内容は本書刊行時のものです。