版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
渋谷上空のロープウェイ 夫馬 信一(著/文) - 柏書房
..

渋谷上空のロープウェイ 幻の「ひばり号」と「屋上遊園地」の知られざる歴史

発行:柏書房
A5判
212ページ
定価 2,200円+税
ISBN
9784760152322
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年3月10日
最終更新日
2020年3月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-04-19 読売新聞  朝刊
2020-04-18 日本経済新聞  朝刊

紹介

戦後まもなく、子どもたちの夢と希望を乗せて、渋谷駅の上に架けられたロープウェイ「ひばり号」とその生みの親・遠藤嘉一が関わったデパートの屋上遊園地の栄枯盛衰を描く一冊。残された記録は少ないものの人々の記憶の中に生き続ける、失われた「楽園」の数奇な運命とは一体? 貴重な写真と関係者の証言をふんだんに収録、戦前から戦後にかけてさまざまな思惑が絡まり合ってなされた渋谷開発を軸とした「もうひとつの日本近現代史」を探る追憶のドキュメント。

目次

プロローグ 渋谷駅街区東棟・起工式
第1章「ひばり号」とは何か
第2章「ひばり号」のルーツ
第3章 昔むかし、渋谷駅で
第4章「ひばり号」への道
第5章「ひばり号」の終焉
第6章 屋上遊園地の興亡
エピローグ 渋谷スクランブルスクエア東棟オープン

著者プロフィール

夫馬 信一  (フマ シンイチ)  (著/文

1959年、東京生まれ。83年、中央大学卒業。 航空貨物の輸出業、物流関連の業界紙記者、コピーライターなどを経て、 現在は書籍の編集・著述業。 主な著書に『幻の東京五輪・万博1940』『航空から見た戦後昭和史――ビートルズからマッカーサーまで』『1964東京五輪聖火空輸作戦』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。