版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
尖閣問題 笘米地 真理(著/文) - 柏書房
..

尖閣問題 政府見解はどう変遷したのか

発行:柏書房
A5判
900ページ
定価 10,000円+税
ISBN
9784760152179
Cコード
C3031
専門 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年2月7日
最終更新日
2020年2月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

膨大な国会会議録を初めて丹念に調査。関係国の公文書や最新研究も参照しながら、問題発生の淵源と現実的な解決法を探る。尖閣諸島に関する国会での質疑応答を巻末資料として全文収録!

目次

 はじめに
 凡例――尖閣諸島について
 尖閣諸島に関する年表

序章
第一章 尖閣問題の起源――日本、米国、「二つの中国」
第二章 政府見解の変遷――一九七〇年に尖閣の領有権を明言
第三章 一八八五年~一八九五年における尖閣領有過程の検証
第四章 米国の「中立」政策の背景と「先占」による領有「物語」の完成
第五章 日本政府による実務対応と中国側の対応
第六章 「尖閣問題」の起源としての琉球帰属問題と中国の沖縄政策
第七章 安保新時代における尖閣諸島問題
第八章 政治的解決へ

 資料 尖閣諸島に関する国会における質疑応答
 参考文献
 あとがき
 索引

上記内容は本書刊行時のものです。