版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コロンブスの図書館 エドワード ウィルソン リー(著/文) - 柏書房
..

コロンブスの図書館

発行:柏書房
四六判
416ページ
定価 2,700円+税
ISBN
9784760150908
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2020年4月9日
最終更新日
2020年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-07-18 日本経済新聞  朝刊
評者: 本村凌二(東京大学名誉教授)

紹介

蔵書はあらゆる分野におよぶ3200冊。それでも持ち主が生涯をかけて蒐集したほんの一部だ。持ち主の名はエルナンド・コロン、コロンブスの私生児である。15世紀半ばのグーテンベルクの印刷革命から100年足らず、ルネサンス、宗教改革、大航海時代の最前線で世界のありとあらゆる情報を集めて目録化しようと試みた書物狂の知られざる物語。

目次

プロローグ セビーリャ 1539年7月12日

第1部 魔法使いの弟子
 第1章 大洋からの帰還
 第2章 純血の宮廷で
 第3章 預言の書
 第4章 父と子
 第5章 夜の知識
第2部 絵であらわされる言語
 第6章 靴と船と封蠟
 第7章 世界都市
 第8章 秩序の構造
 第9章 辞書の帝国
第3部 世界地図
 第10章 悪魔は細部に宿る
 第11章 故郷に勝る場所はなし
 第12章 切り取る
 第13章 壁のない図書館
第4部 ものに秩序を与える
 第14章 新たなヨーロッパ、変わらないヨーロッパ
 第15章 どこにもない国の王
 第16章 最後の指示
 第17章 エピローグ――船のかけら

謝辞
『コロンブス提督伝』に関する注記
訳者あとがき
出典について
図版一覧

著者プロフィール

エドワード ウィルソン リー  (エドワード ウィルソン リー)  (著/文

ケニアに生まれ、スイスを経て、オックスフォード、ケンブリッジで大学時代を過ごす。現在はケンブリッジ大シドニー・サセックス・カレッジで中世・ルネサンス文学を教える。主な著書に『Shakespeare in Swahililand』などがある。本書でジェイムズ・テイト・ブラック記念賞最終ノミネート、ヘッセル・ティルトマン賞受賞。

五十嵐 加奈子  (イガラシ カナコ)  (翻訳

翻訳家。東京外国語大学卒業。主な訳書にニコラス・グリフィン『ピンポン外交の陰にいたスパイ』、ローラ・カミング『消えたベラスケス』(以上、柏書房)、ジョン・クラリク『365通のありがとう』(早川書房)、『ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館 シーズン1・2公式ガイド』(早川書房、共訳)、デボラ・ブラム『毒薬の手帖』(青土社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。