版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
消えたベラスケス 五十嵐 加奈子(訳) - 柏書房
...

消えたベラスケス

発行:柏書房
B6判
縦190mm
368ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7601-4973-5
出版社在庫情報
不明
初版年月
2018-1-25
登録日
2018年3月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-03-25 産經新聞  朝刊
評者: 川成洋(法政大学名誉教授)
2018-03-18 読売新聞  朝刊
評者: 宮下志朗(放送大学特任教授、仏文学者)
2018-03-10 日本経済新聞  朝刊
評者: 中野京子(ドイツ文学者)

紹介

十九世紀、英国の書店主が出会ったのは、スペインの宮廷画家ベラスケスによる幻の一枚の絵だった。たった数ポンドのキャンバスが、男の人生を、くるわせてゆく-ロンドン、エディンバラ、ニューヨーク。絵とともに流浪した、ひとりの男の物語。

目次

ある発見
ある消像画
画家ベラスケス
ミンスター・ストリート
黒衣の男
ロンドンでの評判
等身大の姿
攻撃
人生の舞台
押収された盗品
裁判
宮廷からの脱出
ブロードウェイのベラスケス
消える画家
消失
魔法の絵筆
幻の絵
無数のチャールズ
失われた絵、発見された絵
救出

上記内容は本書刊行時のものです。