版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ロシアのオリエンタリズム : 民族迫害の思想と歴史 Sahni, Kalpana(著) - 柏書房
...
パルマケイア叢書

ロシアのオリエンタリズム : 民族迫害の思想と歴史

発行:柏書房
縦220mm
338, 73ページ
価格情報なし
ISBN
9784760118434
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2000年1月
登録日
2017年3月29日
最終更新日
2017年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ツァーリ時代からレーニン、スターリン、ドストエフスキー、現代に至るまでのカフカス・中央アジアへの差別意職を一望。モスクワ大公国以来の歴史に秘められた植民地主義の系譜。

目次

第1部 東洋蔑視の起源(ロシアの劣等感と優越感-東西の狭間で
神秘と冒険のカフカス-ロマン主義作家と東方世界
東洋の亡霊-ドストエフスキーにとっての中央アジア
ツァーリ政府の植民地支配)
第2部 マルクス主義、ナショナリズムと民族問題(ロシア革命とレーニンの民族政策
大地の冒涜-ソ連における環境破壊
歴史と文化の抹殺-ソ連の言語政策と非ロシア民族
魂の技師-革命後のロシア人作家と東洋
民族の再生-グラスノスチとソ連崩壊)

上記内容は本書刊行時のものです。