版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
薬理学(第2版) 金子 周司(編集) - 化学同人
..
ベーシック薬学教科書シリーズ 

薬理学(第2版)

発行:化学同人
B5判
520ページ
定価 6,500円+税
ISBN
9784759816266
Cコード
C3347
専門 全集・双書 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2019年10月26日
最終更新日
2019年12月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

医薬品の生体への作用を中心とした薬理学の基礎知識を丁寧に解説.改定コアカリに準拠.(41)

薬学生が知っておかねばならない医薬品の生体に対する作用を中心とした薬理学の基礎知識を,改定コアカリに準拠して丁寧に解説.医薬品もできるかぎり増やして構造式とともに掲載.生理と病態,薬理について,バランスよく執筆した.受容体や酵素,膜輸送などについてもわかりやすく説明している.章末問題付.(144)

目次

1章 薬の作用
1.1 薬物の作用点
1.2 細胞膜受容体と細胞内シグナル            
1.3 膜輸送                       
1.4 シナプス伝達                    
1.5 生理活性ペプチド                 
1.6 サイトカインと酵素共役受容体            
1.7 ホルモンと核内受容体               
2章 末梢神経薬理 
2.1 自律神経系の構造と機能             
2.2 交感神経系作用薬                  
2.3 副交感神経系作用薬                 
2.4 運動神経作用薬
2.5 局所麻酔薬                     
2.6 頭痛治療薬                     
2.7 眼・内耳作用薬                  
3章 中枢神経薬理
3.1 全身麻酔薬                     
3.2 中枢性鎮痛薬,中枢興奮薬              
3.3 統合失調症治療薬                  
3.4 抗うつ薬・気分安定薬                
3.5 抗不安・睡眠薬                  
3.6 抗てんかん薬                    
3.7 パーキンソン病治療薬                
3.8 神経変性疾患治療薬                
4章 免疫炎症薬理
4.1 副腎皮質ステロイド薬                
4.2 非ステロイド性抗炎症薬               
4.3 抗アレルギー薬                   
4.4 免疫抑制薬                     
4.5 抗リウマチ薬                    
4.6 骨・カルシウム代謝薬                
5章 循環薬理
5.1 抗不整脈薬                     
5.2 心不全治療薬                    
5.3 狭心症治療薬                    
5.4 高血圧治療薬                    
5.5 利尿薬・腎関連薬                 
5.6 血管拡張薬                     
5.7 造血薬・止血薬                   
5.8 抗血栓薬・抗血小板薬                
6章 呼吸・消化器薬理
6.1 呼吸障害改善薬                   
6.2 気管支拡張・喘息治療薬               
6.3 消化性潰瘍治療薬                 
6.4 胃腸機能調整薬                  
6.5 下剤,制吐薬                  
6.6 肝胆膵疾患治療薬                 
7章 代謝内分泌薬理
7.1 糖尿病治療薬                    
7.2 脂質異常症治療薬                  
7.3 痛風・高尿酸血症治療薬               
7.4 ホルモン関連薬                   
7.5 生殖器作用薬                    
7.6 泌尿器作用薬                    
8章 化学療法                  
8.1 抗菌薬                       
8.2 抗寄生虫薬・抗真菌薬               
8.3 抗ウイルス薬                    
8.4 抗悪性腫瘍薬(選択毒性)              
8.5 抗悪性腫瘍薬(分子標的)  

上記内容は本書刊行時のものです。